モルタル吹付工 施工管理 品質管理

吹付工における現場修正配合とは何ぞや?

皆さんこんにちは。

エンタです。

今日から11月!!!

今年も残り2か月です!

惜しみなく仕事していきましょう^^


閑話休題

今回はちょっと吹付の修正配合について書いてみようと思います。

モルタル吹付工

吹付現場で行われる現場修正配合ってありますよね。

 

これは何ぞや?って思われる方もいると思います。

基礎の基礎からw

 

モルタル吹付=1:4モルタル=セメント1:細骨材:4

コンクリート吹付=1:4:1コンクリート=セメント1:細骨材4:粗骨材1

水セメント比(W/C):45~55% セメントに対する水の量

 

モルタル吹付 1m3あたり セメント量:420㎏

コンクリート吹付 1m3あたり セメント量:360㎏

 

これが配合の基本です。

俗にいう示方配合というものです。

昔はこれが設計書にも載っていましたが、今は市場単価になって書いてないですね。

 

この示方配合を元に現場配合を決めます。

各地域で購入できる砂やセメントの比重が違います。

それを一定にするために、現場修正配合で修正し吹付を行うって事です。

 

しかしここに問題があって砂は地域によってバラツキがあります。

そのバラつきとは強度や施工性です。

こっちの地域は良い砂で強度も出るが、あっちの地域の砂は強度が低いと。

しかも洗い砂を購入しているにも関わらずネバつく砂があったり、泥分が多かったり。

こればかりは施工してみないとわからない部分がありますね。

計量器

この写真は砂の計量器です。

これを使用して1BT(1バッチ)当たりの砂の量を計測して投入します。

 

建前上は修正配合を行い施工しておりますw

上記で書いたように地域によっては施工性の非常に悪い砂などがあります。

その場合はエアーの圧力を強くしたり、エアー量を増やしたり、塩ビホースを使用したり、

㊙の量を増やしたりしてガンマンが上手く材料を出します。

そうやって吹付を行っています。

 

施工管理上は現場修正配合を行って施工していますが、

どうしても材料の地域特性があり修正配合?なにそれ美味いの?って事も多々あるという事を覚えておいてください^^

 

それではまた


【必見】オススメ記事

クリップスペーサー 1

皆さんこんにちは。 エンタです。 最近ですが、クリップスペーサーのお問い合わせが増えております。 で、ココでQ&Aを作りましたので、ご確認ください。 その他に何か気になる事がありましたらご質問 ...

ボルトスケール 2

皆さんこんにちは。 エンタです。 台風どうでしょうか? 大丈夫でしたか??まだまだお気を付け下さい。 山はすでに降雨で飽和状態です。 ここ数日は非常に危険な状態なので十分に管理して下さい。 私は今夜、 ...

ボルトスケール・クリップスペーサー販売店 3

ボルトスケール・クリップスペーサー・ 緑化スペーサーお問い合わせ、販売店は下記となります。 ボルトスケール専用箱 クリップスペーサー     ボルトスケールのブログ ボルトスケール ...

クリップスペーサー D51 4

皆さんこんにちは。 エンタです。 今回は問い合わせの多いクリップスペーサー®に付いてです。 元々は鉄筋挿入工のスペーサーという事で作成されたクリップスペーサー®です。 削孔位置もほぼ正確に削孔してもス ...

-モルタル吹付工, 施工管理, 品質管理
-, , , ,

© 2023 新エンタの法面管理塾

%d