専門用語

設計に上がっている機械では施工出来ない場合が多くある理由(その1)

皆さんこんにちは。

エンタです。

世の中は回ってきた感が出てきましたね^^

イイ感じです。

エンタ 土場

工事設計段階で機械選定されている工事が最近は多いですよね。

例えば、狭小地なので小型削孔機での施工とかですかね。

しかし、実際は小型削孔機では施工出来ない場合も多々あったり、そのせいで施工が非常に困難になったりとか。

 

機械選定ってホント難しいんですよね。

実際に現場監督が現場を見に行っても分かりません。

どちらかと言うと、施工会社が行かないとどの機械で出来るか?って判断出来ないと思います。

機械の動きがしっかり分かるような監督であれば別ですがw

ロータリーパーカッション

例えば、

幅が2mしかない施工箇所でクローラー式ロータリーパーカッションを使用するとした時に

実際使用出来るか?って考えますよね?

 

クローラー式ロータリーパーカッションも大中小とサイズがあって、

どこのメーカーでも同じなのですが、本体と削孔部分のガイドセルが直角に真横にならないんです。

 

設計コンサルが機械メーカーに聞く事は、

「2mの道路幅でこのクローラー式ロータリーパーカッションで削孔出来ますか??」

って聞くと思います。

なので機械メーカーも2m以内キャタ幅のロータリーパーカッションなら走行出来るので

「出来ます!」って必ず言いますw

しかし、実際は違います。ほぼ設計通りには打てません。

実際は施工出来ません!

 

「?」って思われると思いますが、上記でも書いた様に真横には打設出来ません。

なので必ず斜め横からの削孔になるという事で2mを超えます!

 

この辺を次回絵を描いて説明したいと思います。

 

それではまた。


【必見】オススメ記事

クリップスペーサー 1

皆さんこんにちは。 エンタです。 最近ですが、クリップスペーサーのお問い合わせが増えております。 で、ココでQ&Aを作りましたので、ご確認ください。 その他に何か気になる事がありましたらご質問 ...

ボルトスケール 2

皆さんこんにちは。 エンタです。 台風どうでしょうか? 大丈夫でしたか??まだまだお気を付け下さい。 山はすでに降雨で飽和状態です。 ここ数日は非常に危険な状態なので十分に管理して下さい。 私は今夜、 ...

ボルトスケール・クリップスペーサー販売店 3

ボルトスケール・クリップスペーサー・ 緑化スペーサーお問い合わせ、販売店は下記となります。 ボルトスケール専用箱 クリップスペーサー     ボルトスケールのブログ ボルトスケール ...

クリップスペーサー D51 4

皆さんこんにちは。 エンタです。 今回は問い合わせの多いクリップスペーサー®に付いてです。 元々は鉄筋挿入工のスペーサーという事で作成されたクリップスペーサー®です。 削孔位置もほぼ正確に削孔してもス ...

-専門用語
-, , , , ,

© 2023 新エンタの法面管理塾