その他

どんな大変な現場も工夫次第でいくらでも出来る。

皆さんこんにちは。

エンタです。

先日うちの現場からこの様な写真が送られてきました!

鉄筋挿入工 削孔中

木をはさんで削孔中ですwww

これは機械の設置から削孔も全てにおいて大変ですよね~

 

皆さんの現場でもこう言った事あると思います。

こう言う時に黙々と施工する人と、ブツブツ言いながらも施工する人、文句ばっかり言って結局嫌がってやらない人。

 

監督的に、黙々とやってくれる人、もしくはブツブツ言いながらもとりあえずやってくれる人が大好きです!

施工箇所や位置などは図面に書かれている以上は基本ゼッタイです。

構造上問題が無く役所に説明しやすい場合やそう大した事がない場合であれば位置を変えたりも出来ますが、どうしようもない、協議してたら1週間は仕事デキナイって事を思えば少し無理してでも施工した方が良いわけです。

元請けは役所がゼッタイなら基本ゼッタイなのでどうしようもありません。

協議にのる案件であれば協議も視野に入れますが、実際はやってしまった方が早い場合が多々有ります。

しのごの言う前に施工した方がイイですね。

 

そして、ブツブツ言って施工しない方もいますが、そういった方はもう論外ですねw(帰ればいいのにって思ってる?w)

プロは工夫を忘れては行けません。

工夫出来ない人はプロではありません。

どうすれば出来るのか?今までの経験と知識を生かして困難を通常認識出来るようになれば、黙々と困難をクリアしていく事が出来るでしょう。

経験は工夫の箱です!(経験していれば工夫はいくらでも自由自在)

 

そして、逃げない事です。

これって人生観にもなりますが、困難で逃げる、困ったら逃げる、都合が悪いと逃げる。

仕事においてゼッタイにやってはいけない事だと私は思っています。(ケツ割る)

一度逃げると癖になります。

逃げずに踏ん張ってやると経験になります。血肉に変わる時です。

今よりも成長するためには突き進むのみです。

逃げるのはいつも自分

工夫しながら突き進んで行きましょう!

ただし、出来もしない工事をデキるデキると言って迷惑掛けるのは突き進むではありませんw

 

現場監督も逃げない人、ゼッタイに何とかしてくれる職人が好きなので結局その人に頼って行くんです。

それが監督と職人の良い関係。

人生も施工も工夫しながら突き進んで行きましょう!

 

それではまた。


【必見】オススメ記事

クリップスペーサー 1

皆さんこんにちは。 エンタです。 最近ですが、クリップスペーサーのお問い合わせが増えております。 で、ココでQ&Aを作りましたので、ご確認ください。 その他に何か気になる事がありましたらご質問 ...

ボルトスケール 2

皆さんこんにちは。 エンタです。 台風どうでしょうか? 大丈夫でしたか??まだまだお気を付け下さい。 山はすでに降雨で飽和状態です。 ここ数日は非常に危険な状態なので十分に管理して下さい。 私は今夜、 ...

ボルトスケール・クリップスペーサー販売店 3

ボルトスケール・クリップスペーサー・ 緑化スペーサーお問い合わせ、販売店は下記となります。 ボルトスケール専用箱 クリップスペーサー     ボルトスケールのブログ ボルトスケール ...

クリップスペーサー D51 4

皆さんこんにちは。 エンタです。 今回は問い合わせの多いクリップスペーサー®に付いてです。 元々は鉄筋挿入工のスペーサーという事で作成されたクリップスペーサー®です。 削孔位置もほぼ正確に削孔してもス ...

-その他
-, , , , , ,

© 2021 新エンタの法面管理塾