その他

リバースエンジニアリングする(その1)

皆さんこんにちは。

エンタです。

現場は暇ですが、書類は多い。

書類ってホント面倒ですねw

まぁコレが仕事な訳ですが、、、

 

先日からイロイロと整備していて消耗品はリバースエンジニアリングしています。

リバースエンジニアリングとは分解して構造を調べたりし、寸法を取り直し再作成する方法です。

リバースエンジニアリング

駆動する部分で多少の誤差があっても問題無い部分のみを行っています。

例えば写真の様な部品の寸法を測ります。

すでに若干摩耗していますが、誤差の範囲で問題の無い部分なのでw

 

この内部にはベアリングが入ります。

ベアリングがキッチリ入るような精度も最近は少し上手くなってきたので出来ますw

 

メーカーで買うと結構な金額ですが、自社でまして自分で加工できるようになると自身の技術向上になり、かつ全体のコストダウンになります。

コストダウンとか言っていますが、実際は面白いのでやってるって所が大きいですけどね。

治具

コレはある治具を作っていたんですが、センターが出ていないので失敗です。

ちょっとした事をやるだけでも時間が掛かりますが、少しずつやれることが増えてくると何でも面白くなりますね。

そのうちこう言った分野もイイかもしれないですw

 

3DCADを使ったリバースエンジニアリングも楽しいですよ。

それを3Dプリンターで形にするともっと楽しくなります。

 

それではまた。


【必見】オススメ記事

クリップスペーサー 1

皆さんこんにちは。 エンタです。 最近ですが、クリップスペーサーのお問い合わせが増えております。 で、ココでQ&Aを作りましたので、ご確認ください。 その他に何か気になる事がありましたらご質問 ...

ボルトスケール 2

皆さんこんにちは。 エンタです。 台風どうでしょうか? 大丈夫でしたか??まだまだお気を付け下さい。 山はすでに降雨で飽和状態です。 ここ数日は非常に危険な状態なので十分に管理して下さい。 私は今夜、 ...

ボルトスケール・クリップスペーサー販売店 3

ボルトスケール・クリップスペーサー・ 緑化スペーサーお問い合わせ、販売店は下記となります。 ボルトスケール専用箱 クリップスペーサー     ボルトスケールのブログ ボルトスケール ...

クリップスペーサー D51 4

皆さんこんにちは。 エンタです。 今回は問い合わせの多いクリップスペーサー®に付いてです。 元々は鉄筋挿入工のスペーサーという事で作成されたクリップスペーサー®です。 削孔位置もほぼ正確に削孔してもス ...

-その他
-, , , ,

Copyright© 新エンタの法面管理塾 , 2021 All Rights Reserved.