施工の神様

【JV現場あるある】同じ仕事でも「収入差150万円」。不満を聞くのも現場監督の仕事(施工の神様)

施工の神様

過酷なJV現場で、わが社だけボーナスなし

私は当時、かなり過酷な現場に従事していた。火力発電所で排出されるフライアッシュ(廃棄物)の海面処分地の外周護岸築造工事だった。

2社JVのサブ企業メンバーとして配属されたのだが、とにかくキツイ現場で、朝6時半から夜23時がお決まりコース。ときには月の残業が200時間になることもあった。いま振り返れば精神的にも体力的にもとても自己成長させてくれた職場だったと思うが、当時は不満しかなかった。

しかも、これだけ現場は忙しいのだから、さぞ所属会社も繁盛しているかと思いきや、全社的な受注不振に陥っていた。ついには早期退職やボーナスカットなど悪い話ばかりが出てくるという最悪な社内状況。最終的にはボーナスもゼロとなった。

しかし、同じ現場のJVスポンサー企業の職員はといえば、たんまりボーナスを貰っている。他社のハシャいでいる職員たちの姿を横目で見て、とても羨ましく思ったものだ。これがJV現場の現実である。

同じ仕事でも年収差150万円。不満をなだめるのも現場監督の仕事

他社がボーナスを貰っているのも羨ましいが、一番悔しかったのは、同じ仕事をしているのに、会社が違うだけで年収に大きな差があることだった。

しかも、私と同年にJVスポンサー企業へ入社した人とは、年収ベースで150万円ほども差があり、「同じ仕事をしているのに!」とよく上司に愚痴ったものだ。

しかし、そんなツラい時でも、現場を抜けないでいられたのは、良い上司に恵まれたからだと思う。上司には、よく焼き鳥屋に連れて行ってもらった。

その焼き鳥屋の焼き鳥は、串に肉がほとんど付いていない。「こんなに少ない鶏肉をよく器用に串刺しできるな」と、むしろ大将の手先の器用さに感心するほどだ。1本60円とリーズナブルな焼き鳥で、初めて見たときは衝撃を受けた。

上司いわく「焼き鳥は串を食せ、串には肉のうま味がしみ込むけん、ここが一番おいしかバイ!」

きっと上司も金がないのに、落ち込んでいる私をわざわざ連れってきてくれたのだと、私も串をしゃぶりながらガス抜きをさせてもらったのを思い出す。

焼き鳥が教えてくれた現場運営のキモ

建設現場で働く人間は、それぞれ立場や収入も違うが、やはりチームワークが重要だ。

建設現場には一現場一生産性という特徴がある。現場ごとに技術者の配員構成が変わるため、今まで知らない方と一緒に仕事をすることも多い。その都度、変化する環境や現場条件を「読み取り・洞察し・推察する」といった感性が現場監督には重要だとつくづく感じる。

上司は「部下が何を考え、どう動いているか?」、部下は「上司が何を求めているのか?次に何を言ってくるのか?」というお互いの思いやりこそが、円滑な現場運営には欠かせない。

……今でも焼き鳥を食べるたびに、当時のことを思い出し、現場運営の心得を噛みしめている。

 

施工の神様より転載


【必見】オススメ記事

クリップスペーサー 1

皆さんこんにちは。 エンタです。 最近ですが、クリップスペーサーのお問い合わせが増えております。 で、ココでQ&Aを作りましたので、ご確認ください。 その他に何か気になる事がありましたらご質問 ...

ボルトスケール 2

皆さんこんにちは。 エンタです。 台風どうでしょうか? 大丈夫でしたか??まだまだお気を付け下さい。 山はすでに降雨で飽和状態です。 ここ数日は非常に危険な状態なので十分に管理して下さい。 私は今夜、 ...

ボルトスケール・クリップスペーサー販売店 3

ボルトスケール・クリップスペーサー・ 緑化スペーサーお問い合わせ、販売店は下記となります。 ボルトスケール専用箱 クリップスペーサー     ボルトスケールのブログ ボルトスケール ...

クリップスペーサー D51 4

皆さんこんにちは。 エンタです。 今回は問い合わせの多いクリップスペーサー®に付いてです。 元々は鉄筋挿入工のスペーサーという事で作成されたクリップスペーサー®です。 削孔位置もほぼ正確に削孔してもス ...

-施工の神様
-

Copyright© 新エンタの法面管理塾 , 2021 All Rights Reserved.