その他

サビ止め塗料はコレがオススメ!

投稿日:

皆さんこんにちは。

エンタです。

最近好きな塗料の話しです。

何が良いって、とにかく付着とサビ止め効果が高いと思っています。

サビ止め

コレが施工前ですw

以前の塗料も付いているのでコレを塗料剥離剤スケルトンを使用して除去します。

下処理

こんな感じになります。

下処理

でもコレって実は小さなサビが取れていないんです。

コレを取らないとそのうちそこからサビが浮いてきて塗料を押し上げてきます。

下処理

ぱっと見は綺麗なんですけどね。

液体のサビ取り液に浸します。

錆取り

上部にもしっかり液が回るようにこの上にティッシュを置いてしっかり吸うようにします。(写真撮るので外してますけど)

下処理

半日経つとほぼ完璧にサビがなくなります。

下処理後

取れていなかったサビが取れて穴ぼこだらけでした。

下処理後

綺麗に取れてます。

下処理後

完全にサビを取って、ココから1個ずつシンナーに付けて脱脂をします。

脱脂しないと今度は塗料のノリが悪くなります。

サビ取りの液体で脱脂はされているのですが、入念に脱脂します。

ローバル塗装前

脱脂後、すぐに塗装です。脱脂後はすぐに酸化が進んでくるので早く塗装です。

使用するサビ止め塗料はローバルです。

よく亜鉛メッキ処理が取れた時にしようする塗料ですね。

付着も良く上からの塗装にもバツグンです。

ローバル塗装

かなりよく振ってから使用して下さい。

最初は厚塗りせずサーっとひとふり程度で十分です。

意外と厚くなってしまうので気を付けて下さい。

ローバル塗装

こんな感じのシルバーな感じに仕上がります。

ローバル塗装

パッと見も綺麗に塗れました。

手触りもイイ感じですね。

この上に塗装しても良いのですが、とりあえず組んでから塗装です。(このあとにグリースを入れたりします。)

ローバル塗料はちょっと高いのですが、非常にすぐれています。

錆びやすいところには特に良いですね。

耐候性もバツグンですよ。

ウチは以前からよく使用していたのでその効果をよく知っています。

ただ、刷毛塗りはちょっと難しいのでスプレー缶が楽です。

もしも、大量に塗りたい場合はエアースプレーをオススメします。

シンナーで薄めて吹けばイイと思います。

コツはとにかく脱脂をしっかり行って下さい。

最悪は油が塗料を弾きます。

気をつけて下さい。

軸受け

軸受けの方も同じ様に綺麗にしますが、塗装はスプリングドリルに装着してからですね。

塗装やサビは先に落として溶接後に塗装です。(溶接で塗料が焼けるので)

コレがセット出来ればスプリングドリルの移動も楽々になります。

と言ってもスプリングドリルにウインチを付ける予定もあるのでサブ的な使用ですね。

 

スプリングドリルが純正の状態で500kgです。

設計段階で500kgを目指しているのでかなり軽量化されています。

しかし、実際の現場では500kgも600kgもそう変わりません。

なのでウチでは改造して少しでも作業が楽に出来る様にします。

コレも少しでも安全に施工する工夫ですね。

ウインチを付ける時もまたお知らせします。

 

それではまた。


ROVAL シルバージンクリッチ ローバルスプレーシルバーRS-420ML  420g


【必見】オススメ記事

クリップスペーサー 1

皆さんこんにちは。 エンタです。 最近ですが、クリップスペーサーのお問い合わせが増えております。 で、ココでQ&Aを作りましたので、ご確認ください。 その他に何か気になる事がありましたらご質問 ...

ボルトスケール 2

皆さんこんにちは。 エンタです。 台風どうでしょうか? 大丈夫でしたか??まだまだお気を付け下さい。 山はすでに降雨で飽和状態です。 ここ数日は非常に危険な状態なので十分に管理して下さい。 私は今夜、 ...

ボルトスケール・クリップスペーサー販売店 3

ボルトスケール・クリップスペーサー・ 緑化スペーサーお問い合わせ、販売店は下記となります。 ボルトスケール専用箱 クリップスペーサー     ボルトスケールのブログ ボルトスケール ...

-その他
-, , , , , , , ,

Copyright© 新エンタの法面管理塾 , 2019 All Rights Reserved.