グラウンドアンカー工 ロックボルト工

ボルトスケールとアンカースケールの違い

皆さんこんにちは。

エンタです。

先日昔の管理データを見ていたら、こんなの出てきましたw

配置誤差測定

懐かしいですね。

これはなんの写真かと言いますと、配置誤差測定ですw

昔はこうやっていました。

 

法枠の芯を角座金に赤で引きます。

角座金設置し、球面ワッシャーを締めた段階で鉄筋は角座金のセンターに絶対来ている!って事を前提としています。

そして、角座金の右上をゼロ点とした時の赤線との距離を測って移動値を測定しています。

 

まぁやり方はいくらでもあるんでしょうが、最近ではこんな面倒で分かりにくいな事をしなくてもボルトスケールで一撃です。

ボルトスケール

で、これはこれでいいのですが、

ボルトスケールアンカースケールを間違われる方がいるようです。

 

違いを挙げるとすれば、スケールプレートのサイズと形が違います。

標準のボルトスケールのスケールプレートは200が標準です。(目盛りが付いている板)

大きいサイズが欲しい方は300サイズもあります。

ボルトスケール 大サイズ

上記写真の形がボルトスケールのスケールプレートです。

 

アンカースケールはグラウンドアンカー工用配置誤差測定です。

アンカースケール

こんな形です。

サイズは300サイズなのですが、根本的に見てわかる様に形が違います。

アンカースケールはあくまでもケーシングを基準に配置誤差測定するモノなので、削孔後完了後に測定します。

削孔後のなのでケーシングが入っている状態です。

そこにスケールプレートを設置するのは大変なので上記の様なコの字の形になっています。

 

ボルトスケールとアンカースケールをお間違いないように。

ちなみに、最近アンカースケールの認知度が上がっているのか、結構売れています。

少しでもラクに正確に施工管理できる事を応援しています。

 

それではまた。

アンカースケール登場!

分かりにくい配置誤差もこれで完璧


【必見】オススメ記事

クリップスペーサー 1

皆さんこんにちは。 エンタです。 最近ですが、クリップスペーサーのお問い合わせが増えております。 で、ココでQ&Aを作りましたので、ご確認ください。 その他に何か気になる事がありましたらご質問 ...

ボルトスケール 2

皆さんこんにちは。 エンタです。 台風どうでしょうか? 大丈夫でしたか??まだまだお気を付け下さい。 山はすでに降雨で飽和状態です。 ここ数日は非常に危険な状態なので十分に管理して下さい。 私は今夜、 ...

ボルトスケール・クリップスペーサー販売店 3

ボルトスケール・クリップスペーサー・ 緑化スペーサーお問い合わせ、販売店は下記となります。 ボルトスケール専用箱 クリップスペーサー     ボルトスケールのブログ ボルトスケール ...

クリップスペーサー D51 4

皆さんこんにちは。 エンタです。 今回は問い合わせの多いクリップスペーサー®に付いてです。 元々は鉄筋挿入工のスペーサーという事で作成されたクリップスペーサー®です。 削孔位置もほぼ正確に削孔してもス ...

-グラウンドアンカー工, ロックボルト工
-, , , , , ,

Copyright© 新エンタの法面管理塾 , 2020 All Rights Reserved.