IoT

5Gにおけるi-Constructionと自動運転

皆さんこんにちは。

エンタです。

1ヶ月ぶりの現場でケーシングが重いw

頑張りましょう!

 

最近の治山事業や山林ではドローンを使用した測量が行われています。

と言うのも、レーザースキャナーで山の形状や、砂防堰堤(堆積土量)、その他の構造物諸々をスキャンし、

どこの山が危険かを調査しています。(某大手測量会社の知り合いの話)

で、そのレーザースキャナーを使用した後にゴミ取り(ノイズ)が非常に大変で、手伝う?って話しがw

イヤイヤ、正直かなり興味あるしやりたいけど、今は無理!と言っておきました。

しかも、レーザースキャナーを搭載したドローンを飛ばせる技術者が圧倒的に足らないと!

業者もいないらしいです。

うわぁ~~~やりてぇ~~~~~!!って気持ちを押し殺して、削孔しますw

ドローン測量

コレってもうi-Constructionから言えば、もう主流です。

今後はコレが当たり前になります。

ドンドン導入すべきでしょうし、今後もっと加速します。

5G

と言うのも、もうじき5Gです。5人の爺さんではありません!

通信速度の話しなのですが、今はLTEの4Gです。

それが5Gになるんです。大体2020年を目処に。

これはなにを意味すると思いますか?

俗に言うIoTってヤツなんですが、身の回りのありとあらゆる事が、物がネットにつながります。

 

それがどうした?って思いますよね。

それがですね、i-Constructionがもっとすすむ中で、現場の立会なども役所はモニター越しで行ったり、

打合せ自体は全てスマホで映像データを残したり、役所に瞬時に送ったり。

現場と事務所の垣根が無くなる可能性が高いです。

機械はロボット化が主流になるでしょう。

そして5Gなんですが、ようは通信速度がかなり速くなるんです。(時と場合と条件によっては4Gの100倍程度)

リアルから1/1000秒程度の遅れなので、ほぼリアルタイムに通信が出来ちゃうんです。

リアルではないけどほぼリアルなんです!

出来形管理も、品質管理も測定した途端に端末に飛んで出来形・品質管理終了的な?

フロー値測定を測って写真を撮った瞬間にサーバーに飛んで写真管理終了的な?

感じになる可能性を十分に秘めています。

 

車も自動化目前ですからやはりそこには5Gのチカラが発揮されるわけです。

自動運転の定義
出典:国土交通省・資料

日本では2020年にはレベル4を目標にしているそうです。

ちなみに、公道での実験は成功例が結構有るようで、あとは危険時のデーター取りでしょうね。

それにAIも搭載されているでしょうから今後が非常に楽しみです。寝て現場に行ける!

しばらく法面屋は移動距離が長くなる可能性もあるかも・・・・w

 

なんにしても、5Gによってi-Constructionは飛躍的に伸びそうですね。

今後が楽しみです。下請でも出来る様なi-Constructionを探して、開発して行きたいですね。

 

それではまた。


5Gにおけるi-Constructionと自動運転」に2件のコメントがあります

  1. 5G、凄いですね!
    IoTもどんどん進みますね。
    今キャッシュレス化が進んでいますが、いずれスマホも無くなり、体内のマイクロチップで全て済んでしまうのだとか。
    オリンピックで加速して行きますね!
    楽しみです♬

    1. いつもありがとうございます。

      そうですね。我々人類の進みは非常に遅いのですが、こう言ったテクノロジーの進歩は一瞬でトンデモナイ所に行きますね!
      体内チップは早くして欲しいですね!w
      そう言う時代ですね~

      ホント楽しみです!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください