法面における安全意識

記憶へのアンカーリング

皆さんこんにちは。

エンタです。

以前、ヒューリスティックス

って言う記事を書きました。

覚えていますか?

自分だけは大丈夫!(その1)

自分だけは大丈夫!(その2)

大丈夫!

先日、そのヒューリステックスの話になりまして。

社員への教育の際のアンカーリングをどうするか?

何かをする時に、コレをやると危ないので、アレを使用してコレをやるって事です。

アレを想像される為の教育はどうすれば良いのか?

って事で結論は

山本五十六さんの名言

山本五十六

やっぱりコレでしょう!

行為の次の行為を安全に遂行する為に大事な事です。

人の記憶力はドンドン下がりますので、記憶のどこかにアンカーリングさせる必要があります。

何かのタイミングでその記憶を引き出す。

自分自身でも音や、振動や、臭い。安全行えるアンカーを記憶に打ち付けましょう。

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください