新エンタの法面管理塾

社長のリスク

その他Posted 2018.11.03
リスク

皆さんこんにちは。

エンタです。

なんかだ世の中法面屋不足。

法枠の見積依頼が増えてます・・・が、申し訳ございません。

うちも現在手一杯です。

と言っても、11月はちょっと暇ですけどw

ちょっとした単発ならお手伝い程度に行けますが、継続はちょっと厳しいです。


閑話休題

会社にあるモノ、機械などは誰のものでしょうか?

わかりますか?

こう言うのってよく勘違いしている人がいます。

ウッカリ

勘違いしている人が思う事はだいたい同じなのですが、会社に置いてあるモノは全て社長のモノだと思っています。

それは違うんです。

それらのモノ全て法人のモノなのです。

 

法人とは

「人間ではないが、法律上人格を認められ、法律行為を有効になし、
権利・義務の主体となりうる資格を与えられたもの。」

 

と言う事です。

会社の活動で得た利益で買い物をした場合、全て会社と言う法人の持ち物になります。

会社のモノ=社長のモノ という考えは間違っているんです。

 

しかし、会社が大きな買い物をする時に経営者は連帯保証人として借入を起こします。

と言う事は、会社に何かあったときには経営者が全てをかぶる、責任を取るという事になります。

そこに経営者のリスクがあります。

だからこそ経営者はケチケチ言うんです。(当たり前です)

ケチケチ

住宅ローンが有る方はよく分かると思いますが、人生掛けて家を建てましたよね?w(例外はいますけど)

自分自身を連帯保証人とし、そして自分自身に保険を掛けて、住宅ローンを組んだと思います。

その家を簡単に蹴ったり壊したり出来ますか?大事にしますよね?

 

それと同じ事なんです。会社の社長からすれば人生掛けてローン(借入)して作った会社を守ろうとします。

だからこそ会社の備品や機械を大事にしたり、細かい事を言ったりします。(当然の事ですけどw)

コレが普通なんです。

皆さんの会社の社長はどうでしょうか?(大手は別ですw)

見えない所でかなりのリスクを負っているんです。

それ以外にもリスク沢山あります。

今の世の中そんな社長増えてます。

と言っても、それを分かって欲しいって気持ちはこれっぽっちも無いのですが、

知らないよりは知っていた方が良いと言うことです。

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP