フローコーンのアレ

フローコーンのアレを使う

皆さんこんにちは。

エンタです。

日曜日に札幌市内のパタゴニアアウトレットに行ってきました!

パタゴニアって言ったら結構高級で高いイメージですよね。(海外はめっちゃ安いw)

アウトレットなので結構安いんです。ダウンベストを購入しました。

今年はこれで一冬越します!wそでは無いけどwww


閑話休題

フローコーンのアレ

フローコーン本体

コレですが、わかりますか?

フローコーン

コレです。

これ何をしてるか知っていますか?

だいたいフローコーンを購入すると付いてくるのですが、

この存在を知っている監督官はこれが無いとダメという人もたまにいます。

 

これはフローコーン内にグラウトを入れる際に少し傾いていても、

センターのこの先端にグラウトが付着するくらいまで入れればよいという目安です。

この長さはフローコーンの内側の線と同じ長さです。

 

フローコーンが水平であれば特に問題もないのですが、そうでない場合に活躍します。

まぁあってもなくてもそれ程影響は無いのですが、細かい事を言うとあった方が良いかもですね。

私はすでに無くしましたw

 

フローコーンはあくまでも流動性を測るものです。

毎日測ることで流動性が一定かどうかを測り、濃度が一定だと配合も一定だと予測できます。

で、その配合の確認はマッドバランスで確認するわけです。

マッドバランス

フローコーンで流動性を確認し、マッドバランスで配合を確認する。

そうする事で品質を一定に保つわけです。

 

と、まぁフローコーンのアレを無くさないようにしましょう!

 

それではまた。

マッドバランス測定をやってみよう!

マッドバランス測定をやってみよう!(その2)

マッドバランスのキャリブレーション(調整)


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください