新エンタの法面管理塾

アンカー工で油断したら、こうなります。

その他Posted 2018.10.09
エンタ 油断

皆さんこんにちは。

エンタです。

失敗しましたw

先日のブログで油断しちゃいけないって自戒の念を込めて書いたつもりが・・・・w

油断しちゃいましたwww

目標値を把握する事で施工がもっと楽しくなる。

 

まぁ朝から余裕で2本削孔も終わり、午後3時に3本目完了する所でした。

このまま行くと4本の大台に?なんて考えてしまいました!w

これが油断でしたね。

削孔長が1.5m(ケーシング1本分)長く削孔していたんです。

それで、アンカーを入れたら取れなくなってしまうので、番線(1.5m)を取り付けて挿入しました。

 

そうしたら、番線が取れてしまっておりアンカーが取れない。。。。

一旦アンカーを引き抜いて、番線をしっかり絞ってもう一度入れるしかないと判断し、

ケーシングの先端を掘削土で詰めて、アンカーを供上がりさせてアンカーをクレーンで抜きました。

アンカー体をしっかり洗って、再度アンカー挿入。

 

奥までしっかり入り、アウターケーシングも回収したら、今度はまたその番線が取れているんです・・・

掘削表面が玉石交じりの土砂だったのでケンスコで50cmくらい掘って

PC鋼線にワイヤーを掛けてアンカーを所定の1.3m程度まで上げました。

 

で、その日の予定が絶対に機械の段落しをしないと明日レッカーが来ないので仕事が止まる。

絶対に機械を下ろさないとまずい日でしたw

まぁなんとか午後6時に下ろせました。

なんとか出来ましたが、実は書いている事以上のトラブルが起きて、、、、めっちゃ大変でした。

施工ミスを探せ

今回の教訓

ケーシングの数は必ず把握し、手元任せにしない。

必要のないケーシングはどこかにまとめておく。

 

上記は当たり前の事なんです。そこに油断していました。

大丈夫だろうと。

それこそが油断でしたね。

 

今日からはしっかり油断せず、周囲に目を配り施工していきます!

皆さんもくれぐれも調子に乗って油断しないように!w

ご安全に!!

 

それではまた。


“アンカー工で油断したら、こうなります。” への2件のフィードバック

  1. ハネケン より:

    質問です。その場面で、アンカーを引き出すのではなく、代わりに1.5mの単管を放り込んでからアンカーを入れた事はありますか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP