ロータリーパーカッション

ロータリーパーカッションのマシントラブル第一位

皆さんこんにちは。

エンタです。

油圧ユニットと残業

夜が来るのが早くなってきています。

先日も少し残業があり気が付けば月が!

まだ6時前でした。

北海道はもう冬の準備ですね。

本州はまだまだ暑いそうで、この寒暖の差が恐ろしいです。


閑話休題

アンカー削孔でのトラブルでよくある事ですが、

マシントラブル!

マシントラブルっていつ起きるかわかりません。

ただ、一つ言えることは、現場が変わると壊れる。人が変わると壊れる。

これだけは鉄板ですねw

 

アンカー削孔機、ロータリーパーカッションで一番多いトラブルは、

油圧ホースのパンクです。

こればかりはどうしようもないです。

油圧ホースの劣化は見た目でもわかるのですが、隠れている部分は判断できません。

油圧ホース

ロータリーパーカッションは油圧の振動でホースが擦れ合い破けたり、

表面ゴムが劣化して中のワイヤーが錆びてパンクしたりと様々。

パスっと言って作動油のシャワーを浴びることになりますw

うちでは普段から特にパンクしそうな細いタイプの油圧ホースは予備を持って行きます。

が、場合によって19㎜油圧ホースや25㎜油圧ホースが破けるともうお手上げです。

長期の現場であれば、クリンプマシーンを持って行くのですが、短期だと持って行きません。

 

しかし、ホースが短ければ対応できますが、長い場合はなんとも・・・・

うちはその際はもう帰るしかないですね。帰って会社で新しいホースを作って後日持って行く。

これが一番安いですね。

もしくは付合いのあるホース屋さんに業販してもらう形ですね。(若干割高)

 

ロータリーパーカッションの消耗品はどれをとっても高いものばかりで大変です。

削孔費を少し上げて行きたいですねwww

 

それではまた。


ロータリーパーカッションのマシントラブル第一位」に2件のコメントがあります

  1. 私の会社もよくあります^ – ^機会が古いのでよくあります。不思議と新たな現場の始まり、おわりによくあります。なので、予備をもっていく、さらに、新たな現場が始まる前に近くの油圧ホース屋を押さえます^ – ^自社機械は、かわいいです。1日の最後にはありがとうの意味を込めて洗ってやります。昔はこのボロ機械が〜っと言ってましたが^ – ^もはや、機械に対する気持ちは仕事ではなく、部活ですね。

    1. 機械は大切にすると応えてくれますよねー
      たまに「えええ!このタイミングで壊れるんか!?」って事もありますが。
      モノを大事にする人でありたいですね。
      そう言う人は仕事もデキますからねw
      部活ですねwww

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください