ウォルトディズニー

施工現場での無知は罪

皆さんこんにちは。

エンタです。

こちら北海道はなんだか若干寒くなってきました。

仕事しやすい気候でイイ感じですが、季節の変わり目で風邪に注意ですね。

しかし、ここから本州に帰るともう一回秋っぽい気候を体験?

今年は季節の変わり目を2回も経験しそうですw


閑話休題

無知は罪

さぶとん枠の失敗

このざぶとん枠見て下さい。

何がおかしいでしょうか?

 

これは、私が以前請けた現場での出来事。

明らかにおかしいざぶとん枠の枠組みと方向。

組み方もおかしければ、設置もおかしい。勾配もおかしいし、ボイドもない。

で、私がそこの施工監督にこれマズくないですか?と聞いたところ、

「これで良いんだよ。問題ない。ところであんた誰だ?」って言われましたwww

アンカーを請けた業者ですって言って、ざぶとん枠施工したことありますか?って聞いたんですが、

もうすでに先方の監督さんは意見を言われた事にご立腹。(年配の現場監督)

なので帰りました。

 

施工での現場監督は施工のすべてをある程度知っておかなければなりません。

書籍などで施工方法や、メーカーカタログ等をすべてに目を通し施工しなければ行けません。

知らなかったでは済まされないのです。

仲間内の監督たちと話すと、最終的に職人はそれ程責任ないよね、施工管理者にはずーっと責任が付きまとう。

って話になります。

実際、新しい工種でも職人を指導・指示して施工してもらうので職人には責任が無いんです。

しかし、施工管理者には指導・指示した責任が出てきます。

なので、施工管理者は常に施工に関する知識を必要とするわけです。

知識を詰め込む

現場で本職の施工であれば、知らないなどという言い訳は通用しないのです。

その時知らなくても後日には必ず知っておく必要があります。

そのくらい施工管理者の責任って大きいものだと思います。

施工管理において現場内での無知は罪なんです。

役所にも信用されなくなります。現場監督の信用は知識量も関係していますから。

 

何を聞いても答えてくれる人と、何を聞いても中途半端な答えしかない人。

どちらに聞きたいですか?

信用って人間性だけではダメだと言う事です。いい人だけどね~・・・w的な人っていっぱいいますw

ただ、知識のヒケラカシも人間性を疑いますけどね(笑)

 

ちなみに、写真のざぶとん枠の現場は削孔・挿入・注入だけ行いの受圧板設置~緊張は元請さんが。

私はしっかり確認しましたので何も言うことがありませんでした。

元請さんの中で問題になっていましたが。。。。(うちは2次なので)

無知は罪なり、知は空虚なり、英知を持つもの英雄なり
哲学者 ソクラテス(紀元前469年頃 – 紀元前399年)
それではまた。

施工現場での無知は罪」に2件のコメントがあります

  1. よく気持ちは分かります。私の現場でも元請さんの技術提案で削孔泥水の処理をやっているのですが「タンクに貯めて上部の水を削孔水にまわし、再利用」。私達は逆巻き工法だし掘削土と一緒にダンプでだせばと言っていたのに「仕事が早いから」。すると、タンクに溜まったスライムをバキューム処理する業者がみつからないから削孔を止めてくださいとの事。段取り悪いですよね。元請職員で提案しといてこんな始末とは。エンタさんが言われる通り無知は恥ですわ。確実、迅速を求めてる私にはかなり邪魔されました。みなさん同じ気持ちで特殊工事をやられているのでしょう。頑張ります

    1. お疲れ様です。
      よくある事ですね~!
      元請も少しは聞けば、相談すればいいのに勝手に暴走することもありますからねw
      元請に急いでやれと言われても、元請に足止め食らう事はホントアレですねwww

      と言っても、前しか進めないので前むいてしっかり確実に施工していきましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください