捲き込まれ事故

どんな風に捲き込まれ事故が起きるのか!?

皆さんこんにちは。

エンタです。

先日からの腰の痛さはアイシングとロキソニンで何とか峠を越え、私は今日北海道に行きますw

遊びに行くんでしょう?的な雰囲気ですが、実はアンカー削孔です。。。。

マジで大変な現場ですが張り切って行ってきます!

どうせやるなら楽しくやりたいですから!!

楽しい仕事

最近全国行ってる気がしてるんですが、5年後の目標は愛知県のみで仕事したい!

そんな感じで持っていくつもりです!!

愛知県の元請け様へ、積算見積出来ますよ??

大手のプロ積算営業マンには今は全くもって勝てませんけど笑


閑話休題

先日ある会社の方と話ししていたのですが、

その方はなんと回転機械の捲き込まれ事故に遭ったことが有る方なんです!

捲き込まれる

その方の話で非常に興味深かったのが、

服とかが捲き込まれるよりも、軍手などの手袋が捲き込まれるそうです。

こんな事を知っているのは経験者だからだそうです!

服などは結構簡単に千切れてくれるそうです。

しかし、手袋の場合は全く抜けずそのまま巻き付かれて行くそうです!

普通のイメージとしては手袋って簡単にスポンっと抜ける感じですよね?

まず抜けないって言っていました!!

 

軍手が一番ヤバイと!キュッとしてますから!

革手袋の方がまだマシらしい。スルッと抜けるので。

でも、手首にマジックテープが付いているのは止めない方が良いと言うことでした。

皮手

このマジックテープですね。コレは外しておくことが良いでしょう。

溶接皮手

このタイプの革手袋は結構簡単にスルッと抜けますよ!

本当ならこっちの方が問題ないかも。

と言っても基本的には回転部はゼッタイに止まるまで触らない!

我々が使っている回転系機械は大体が油圧です。

人間が敵うレベルではありません。

簡単に持って行かれます。

 

大事な事なので、

回転部はゼッタイに止まるまで触らない!

仮に回転部の清掃や点検整備を行う時は必ず周囲の周知させて、発電器を止めて、ブレーカーを落とす。

出来れば機械のコネクターまで外せば完璧です!!

 

その話しをしてくれた方は、手を数十針縫ったそうです。(その辺はあまり聞きませんでした。)

怪我しないためだったら工期が多少遅れても良いんです。

工期が大事な事は施工会社は重々承知です。しかし事故起きたらその工期一瞬で飛びますよ?

工期よりも安全重視で行きましょう!それが最短です。

ただ、安全を言い出すと仕事が出来無い矛盾も生まれる事とも事実です笑

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください