施工ミスを探せ

グラウンドアンカー工の施工ミスはどこだ?

皆さんこんにちは。

エンタです。

何だかちょっとまた暑くなってきましたね・・・・

北海道はもう秋のようで・・・・

日本列島季節がオカシイ!w

 

ところで、エンタで働きませんか?マジです!本気です!!

メールで求人募集してますか?って冷やかしメールはありますけどw

こちらはマジでエンタで働きたい人募集中です!

求人募集


閑話休題

先日の激レア映像は結構な反響で、「どこ?どこの現場??って」電話数人頂きましたw

みんな興味津々!笑

 

まぁ気を取り直して、先日の続きでどうしてあんな風になってしまったのかを考えます。

そこで、アンカー工はどこでミスをするのかって事を書いていこうと思います。

 

1,削孔

削孔において削孔後にケーシング内の洗浄を行うと思います。

この時の洗浄ってケーシング内に残ったスライムの除去を指しています。

しかし、実際どれほど洗浄されるかは眉唾もので、まぁやらないよりはやった方がイイか?

ってレベルですね。ちなみに、私が若い頃はやっていませんでした。

なぜなら水削孔メインではコンプレッサーを使用したように激しく出ませんから。

インナークルクル回しながら水を出す感じで終わっていました。(多少はスライム出ます)

最近は水とエアーを混ぜて使用するのでバッシャーって出せますけど。

なので、コレが出来ないからと言って施工ミスにはつながりません。

ただ、各書籍では清水で洗浄と書いてありますが、エアで吹っ飛ばせとは書いていませんw

ケーシング内洗浄

2,テンドン挿入

テンドンを挿入します。

その際にラッパ管がないと自由長部のポリホースにキズが入る可能性があります。

そこにグラウトが付着すると自由長部が固定されてしまい、予定した伸びが取れない可能性があります。

また、挿入前にテンドンの定着部に油汚れが有る場合は非常にマズいです。

あくまでも定着部は摩擦が命なので摩擦が軽減されると抜けにつながる可能性大です。

挿入時の手袋も要注意です。

ココで、ミスする可能性はあります。

定着部だけはしっかりと養生して下さい!

3,セメントミルク注入

配合はどうでしょうか?

水が多くないですか?

グラウンドアンカー工一番のキモの部分です

間違い無く、ココが一番重要です。

セメントミルクがユルい場合や硬さに不安な場合は作り直した方がゼッタイに良いです!

ココを失敗するとゼッタイに抜けます!ゼッタイです!!!

セメントミルク 完成

強度24KNなんて普通に作れば出るのですが、硬すぎるからと言って水でユルくする人がいます。

硬い時は混和剤でユルくして下さい!その方がまだマシです。

施工管理者はココだけはしっかり確認しましょう。

また、注入時には必ず最深部(最低部)から注入して下さい。

コレはアンカー工の鉄則です。ドブ付け注入の場合でも同じです。

※ドブ付け注入とは削孔後、先にケーシング内にグラウトを注入しその後テンドンを挿入するやり方

最底部から注入し削孔水と置き換えて下さい。

口元からしっかりしたセメントミルクが出れば定着部はまず大丈夫です。

置き換え注入

上記写真の様なサラサラミルクではダメですよ!w

次に加圧ですが、これはどーでもいいです。(私の個人的な考え)

地盤工学会の書籍では、

「アンカー体周辺の地盤条件に応じた適切な方法を用いて実施する」

としています。非常に曖昧な感じです。

と言うのも、アンカー協会の書籍では

「孔壁の緩みを防止もするがやり過ぎは逆に緩ますと。

0.1Mpa~0.5Mpaで行う事が多く、

定着部が深い場合の加圧力は地下水圧以上かつ、地表までの水位があるとした時の換算水位2倍以下」

としています。

なので基本的には加圧すると言うのが基本となりますが、

実際はテンドン定着部には高低差でとてつもない圧が掛かっています。

わざわざ圧を掛けなくてもすでに掛かっているにも関わらず、

それ以上掛ける必要性に私は疑問を感じているだけです。

4,緊張工

ちょっと長くなったので、続きは明日で。

 

それではまた。

アンカー工が抜ける瞬間!

セメントミルクが硬い場合の対処方(その1)

グラウトの置換え注入にプラスを使うと汚れにくい


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください