新エンタの法面管理塾

セメントミルクを注入すると注入出来ない場合の対処方(その2)

ロックボルト工Posted 2018.08.12
グラウト注入完了

皆さんこんにちは。

エンタです。

皆さんはもうお盆休みで帰省中でしょうか?

私は今日は長野で面接です。

ハローワークからの紹介です。

新しい方が入ってくると楽しみが増えますね。

そして、出来る事も増えてくるので将来的にも楽しくなります!


閑話休題

セメントミルク 完成

よくグラウト注入を行う際に圧力が掛かって注入出来ずに、ホースが破裂したりします。

そんな時どうのように対応してますか?

 

根本的に、鉄筋挿入工などの注入ホースが詰まる原因は土砂が入ったり、中で折れたりしています。

その為、注入が出来ず圧力が掛かってしまいホース破裂などの原因になります。

 

ではどの様にすればしっかり注入出来るかって事ですが、簡単な話で切込を入れる。(圧を逃がす。)

ただコレだけです。

しかし、コレは結構コツがあるんです!

手間が掛からず簡単な方法です。

注入ホースの設置位置

注入ホースの設置位置は先端から若干上で設置して下さい。

その方が先端が閉塞しにくく、また先端は斜めカットの方が挿入抵抗が減ります。

で、昔からよくやっている方法はコレです。

切込位置

1m程度の位置で切込を入れてあります。Vカットしていますよね。

しかし、このVカットが結構面倒なんです。

そして、先端より先にVカットの位置からセメントミルクが出ます。

出来ればこのVカットよりも簡単で良い方法があります。

注入ホース カッター縦切り

ちょっと見にくいので赤で書きましたが、カッターで縦に切り込むだけです。

1m、2m、3mと適度に入れておきます。1箇所でもOKです。(圧が掛かりやすい場合は多めに入れて調整)

コレだけです。

通常の最低部からセメントミルクが出ればカッターの切込部分からは何も出ず、

圧力が掛かった場合にのみカッターの切込部分からブッシューって感じで圧力が逃げるので破裂しません。

注入ホース カッター横切込

縦よりは横の方がより低い圧力で逃げるので安心感はあります。

 

Vカットは手間とキケンが伴います。が、この方法はカッターをグッと差し込むだけで切り込めるので比較的簡単で安全です。

横の場合は剪定ばさみで横をスパンっと切るだけなのでもっと簡単です。注入ホース 切断 剪定ばさみ

ただ、横は切りすぎるとホースが駄目になってしまうので、少し練習が必要です。

Vカットにこだわる方もいますが、役目は同じです。変なコダワリは捨てて少しでも楽が出来る方法でやりましょう笑

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP