現場問題点

効率の悪い施工

投稿日:

皆さんこんにちは。

エンタです。

先日、熱中症になった子は本日は休みになりました。

さすがに、熱けいれんがあると二、三日は休みになりますね。

来週からまたバリバリ働いて欲しいですね。


閑話休題

鉄筋挿入工 削孔工

熱中症で相方を失った私は、本日一人で吊り式鉄筋挿入工・・・・

そして、もの凄い雨で長靴の中もグチョグチョに。。。

 

機械をセット

  ↓

操作盤へ移動

  ↓

削  孔

  ↓

削孔箇所に登って出来形写真の手伝いをし監督に写真を撮らせる。

  ↓

鉄筋挿入

  ↓

次の孔へ

 

上がって、下がって、また上がっての繰り返し。

法長は7m弱なので大した事はないのですが、しんどかった!w

さすがに一人では大変でね~w

しかしまぁ人もいないし、工期も無いと言う事で少しでも進める方向で!

明日は4人で注入しながら削孔出来るのでちょっと余裕ですw

 

しかし、基本的に一人施工はキケンです。

今回私は監督がいましたし、レッカーのオペがいたので完全一人ではないので。

 

完全一人施工の危険性はもしも何かあった時に誰も助けに来ない。連絡出来ない。

放置される可能性が高くなります。

しかも、発見されるタイミングも非常に遅くなるので命のキケンが伴うんです。

吊り式削孔機 操作盤

そして実際は一人施工って非常に効率が悪いんです。

どうしてもって事で無ければオススメは出来ません。

今回はレッカー止められなかった事もあり施工しましたが本来ならやりません。(私が死にそうになるw)

上記のような動きは非常に無駄です。

やはり、手元とオペで別れる事で効率的に動けると思います。

 

しかし、たまにこう言う事あるんですよね。

私は昨年の夏も一人でスプリングドリルを使用して2重管削孔やってました・・・・

コレはホント大変なんですが、削孔機が小さい分手がレバ-に届くのでデキルのですがオススメしません。

と言ってもそのうちリモコンデキルと思います。

もう開発している業者さんいませんか?

バックホーですらリモコンあるのに油圧機構少ないロータリーパーカッション無いなんて。。。

そのうち木陰で休みながらオペする事になると思います。

そうすれば二人でアンカーとかする日がくる可能性も・・・・!?

そうなれば効率もグンっとあがる?可能性有りますね。

 

通過点

人が少ない分機械に活躍してもらう今後に期待ですね。

 

それではまた。


-現場問題点
-, , ,

Copyright© 新エンタの法面管理塾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.