新エンタの法面管理塾

もの作りは3DCADでほぼ完結できる。

その他Posted 2018.06.10
3DCAD

皆さんこんにちは。

エンタです。

何だか台風が来そうで、来なさそうで。。。

月曜が微妙な感じで・・・・

 

先日、3DCADで書きました受圧板が出来ました。

受圧板 仮設

この絵を元に採寸して材料を発注しました。

採寸と言ってもCDA上で寸法線出すだけですけど(笑)

受圧板

材料は寸分違わず来るのでそれを溶接します。

仮組み自体は終わっているので補強溶接だけです。

 

最近の鉄物の発注もCADデータで送ります。

大体どこの会社のCADも保存形式をDXFで送ると読み込み可能です。

 

土木で使用している拡張子P21やSFC、SXFなどは共通ではないので気をつけて下さい。(どちらかと言えば特殊)

他社にデータを送る時はDXFが当たり前だと思ってください。

当たり前のようにP21・SFX・SFCで送るのはナンセンス。

変換ソフトや対応CAD無い所が当たり前です。特に施工会社は。

 

鉄をレーザーで切断する際にもDXFで送ってあげると相手側も楽にNC変換出来るので楽です。

最近のレーザー加工はかなり正確なので今回発注した受圧板も寸分違わずでした。

最近の作り物は本当に楽なんです。

筐体から配管、配線すべてCAD上で加工修正したモノがそのまま作れます。

配置の干渉もすべてその場で分かるので本当に楽な時代ですね。

あとは多少の構造計算だけ出来ればOKです。

 

もの作りは楽しいですね。

今までは専門業者に頼んでいたことが自社で出来るって、コスト云々では無く単純に楽しい!

 

そろそろ、3Dプリンター入れたいと真剣に考えています!

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP