ざぶとん枠の吹付

皆さんこんにちは。

エンタです。

飛行機で書きためていたブログがぶっ飛んでいました(笑)

何を書いていたかすら覚えていません。

ガッカリですw

ドッカーン


閑話休題

先日のザブトン枠のお金の話で、積算資料をエクセルで作っていました。

それに間違いがあったため一旦止めます。

ご指摘頂きありがとうございました。

修正して後日アップします。

ザブトン枠 厚さ

ざぶとん枠の吹付や完成の写真を載せていなかったなと思いだし、アップしようかと。

今回はざぶとん枠の吹付です。

ざぶとん枠 吹付状況

通常のように吹付けします。

で、やはり20㎝以上あるモノであった場合2回吹きがオススメです。

午前中に一回目を吹き付けて、午後に残りを吹いて仕上げる。

ザブトン枠 吹付 半分

基本的に貧配合モルタルでの施工なのと、あくまでも裏込めの為のざぶとん枠なので2回吹きでも

3回吹きでも強度は10N/mm2程度と仕様書にあるので吹く回数は問題ないと思っています。

ざぶとん枠 コテ当て

面はしっかりコテ当てするか、貧配合で砂を削る感じで施工して下さい。

これがざぶとん枠の一番大事なところです。

受圧板がしっかり取付られないと意味がないですから。

ざぶとん枠 受圧板設置完了

こんな感じで完成ですね。

方向も仕上がりもバッチリですね!w

ざぶとん枠の施工は経験とコツが必要です。

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください