コア抜きのチカラ加減

皆さんこんにちは。

エンタです。

1月がパンパンに詰まってきて焦ってきました・・・w

このつまり具合をうまーく1年で分散して欲しいです。。。。


閑話休題

 

冬に供試体(コア抜き)採取するとホント大変ですよね。

手がかじかんでホントに大変ですが、コレも管理者の大事な仕事ですねw

私は大嫌いですが、抜けた時のあの手触りは好きなんですよね~w

しかし、日にちが浅かったり、遅かったりすると

ボロボロになったりカッチカチで抜くのに苦労します。

私の目安なんですが、

夏は3日目

冬は5日目

でコア抜きしてます。

それ以上だと堅くて大変ですし、それ以下だとボロボロになります。

それとあまり押しすぎない事ですね。

写真の様にサイドがウニウニなります。

押すと早いんですがwww

刃の消耗もはやいですw

それを自動で押してくれる機械もシブヤの方であります。

自動送り装置

高くて買えませんけどwww

細かい話しですが、真っ直ぐ抜けないと圧縮強度試験時に偏荷重が掛かって

強度が落ちる可能性があります。

ご注意下さい。

抜いたコアはそのまま水中養生して指定の材齢まで放置です。

その方が強度上がりますし、現場条件に近い形になります。
(圧縮強度試験の2日前には水揚げが必要です。)

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください