安全管理

自分だけは大丈夫!

投稿日:

皆さんこんにちは。

エンタです。

 

完全に仕事始まりました。

うちも今日から現場入っています。

この時期にはやはり事故が起きやすくなります。

 

やっぱり気が緩むんですよね。

そして、自分だけは大丈夫と思ってしまう。

コレが非常に危ないのですが、

ではなぜ、そう思うのでしょうか?

 

人間は思考の近道して判断しているそうで、それをヒューリスティックスと言います。
(思考のショートカット=ヒューリスティックス)
簡単に表現すると
社長=年配
医者=男性
メガネの人=マジメ
看護師=優しい

ヒューリスティックス ウィキペディア

 

人間は物事を判断する際に一部の様子だけを見てそれを「代表」するモノとして

判断材料に使うという事を代表性ヒューリスティックスと言います。

ヒューリスティックスには「代表性・想起(利用可能性)・アンカー」の3種類があります。

過去に、事故した事、怪我した事が無ければ、

それが思考の近道の結果、

自分は大丈夫という判断になる訳です。


宝くじを買う感覚と同じです。

もしかしたら今回は当たるかも!って思って買いますよね?(私は買わないのですがw)

1等2億とかが当たる確率は1000万分の1程度だそうです。

にもかかわらず、当たるかも!って思うんです。

その売り場に「ココから1等2億出ました!」って張り紙があって、

ココで買えば!って思う訳です。そして、CMでバンバン流して当たると言う良いイメージを

気がつかないうちに植え付けられます。(俗に言うアンカリング効果)
アンカーヒューリステックス

途方も無い確率をイメージ出来ないために、

当たるのでは?と言う簡単なイメージに流されるそうです。


現場で起きる事故に関してもイメージが出来ないんです!

どれだけ、KY活動をやろうが、安全教育を行おうがイメージ出来ていないと言う事です。

だから、不安全行動を起こす。

 

私自身もそうなのですが、この業界に入り21年になります。

今まで、私が監督した現場で施工中に事故を起こした事がありません。

なので、私自身もうちの会社も事故を起こす訳が無いと信じています。

 

しかし、コレでは駄目なんです。

 

では、どうするか?

 

それはまたの機会に。

 

それではまた。


-安全管理
-

Copyright© 新エンタの法面管理塾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.