グラウンドアンカー工 施工管理

耐候性って

更新日:

皆さんこんにちは。

エンタです。

 

前回の続きの受圧板の裏に使用する、不陸調整マット。

耐候性について、ついに真実が!w

 

耐候性あります!って言うのは、

ほぼ検証されていません!

ただ、架橋ポリエチレンに関しては耐候性実験の結果が出ています。

おそらく、PE(ポリエチレン)=耐候性抜群 みたいな解釈だと思われます。

で、PE素材の材料は何があるかと調べました。

水道配水用ポリエチレンが多い様で。

埋設用の管です。

結果だけ言いますと、

このポリエチレン管は100年程度保つそうです。

ただし、この場合は埋設ですので紫外線に当たりません。

 

紫外線に当たるPE製品には大体、カーボンブラックが配合されているようで、

このカーボンブラックは紫外線吸収剤になるそうで、

カーボンブラックは最も良い遮蔽剤(しゃへいざい)と言う事らしいです。

 

ネットでイロイロ製品について調べました。文献も結構調べたのですが、

耐候性についてはポリエチレン関係のデータしかありません。

ポリエチレンの耐候性は結構イイデータありました。

塩ビ管は紫外線による劣化で耐衝撃性能が損なわれるのに対し、

ポリエチレン管は変わらなかったなど、国土交通省の論文もありました。

 

私自身の見解として、

ポリエチレン=耐候性抜群(20年は保つんじゃない?w)

って事にしますwww

 

それではまた。

P.S なにかデータを持っている方がいらっしゃいましたら、

是非公開して頂ければと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

受圧板の裏の裏

ペルカタイトの構造

ペルカタイト加工


-グラウンドアンカー工, 施工管理
-, , , ,

Copyright© 新エンタの法面管理塾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.