グラウンドアンカー工

ペルカタイトを加工してみた。

更新日:

皆さんこんにちは。

エンタです。

 

創意工夫案件あるんですがw

緑化の現場で、エコで新しくて、面白い?ちょっと変わったスペーサーあります。

が、今のところ、大きく宣伝出来ません。

法面屋には好評?でしたw

で、ですね。

うちの現場で試したいって業者様いませんか?

私が持って行きますし、承認願、ミルシート等は有ります。

ただし、吹付に関しては私が立ち会いますwww

何故かと言うとデータを取り。

写真の一部も提供をして頂きたいです。

当然ですが、公に出す事はありません。

(状況写真等は加工して出す場合があります。)

吹付厚3~5cmの現場対象です。

ちなみに、無償提供です!

問い合わせ方からメール頂ければ詳しくご説明致します。

ちなみに、役所ウケも良かったですよw(東海地方では)

お問い合わせ


閑話休題

 

先日のペルカタイトを加工してみました。

実は、メーカでも加工出来る様でしたが、とてつもなく高い!

加工費+材料費で2倍以上の金額でしたwww

まぁ実際やってみると手間かかります。

しょうが無いですね。

で、自社で加工です。

最初に型を作ります。

かなり正確に作らないと駄目ですよ。

受圧板の裏込めで使用しますが、

設計図面は受圧板のサイズぴったりで書かれています。

が、5mm程度大きく作った方が良いです。

10mm大きく作っても問題ありません。

(受圧板に乗らない方がやっかい)

 

型を置いて、動かない様にするために重りを乗せます。

うちの重りは、100kgの大ハンマーですw

コレは、機械の軸ピンを外したりする時に振り子のように使用する

大ハンマーです。

 

そして、型に合わせて丸鋸で切っていきます。

型は、丸鋸を当てながら使用して、切れたところが仕上がりにしています。

その為、型は切断面よりも内側に入ります。

丸鋸の側面から26mm入ったところに刃があります。

これでもまだ半分以下ですw

受圧板の袖が4箇所あるので大変ですw

コレが丸鋸の木工用の刃で切った断面です。

結構綺麗に切れてます。

実際、カッターで切ってみましたが、30mmもあると大変です。

端部の加工程度ならカッターでスパスパ切れます。

細かい加工はカッターで。

 

これが、塩昆布ですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、コレがうちのこーちゃんです。!

 

 

それではまた。


-グラウンドアンカー工
-, , ,

Copyright© 新エンタの法面管理塾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.