新エンタの法面管理塾

頭を出す量をしっかり管理する。

ロックボルト工Posted 2018.05.13
鉄筋挿入工 頭出し

皆さんこんにちは。

エンタです。

雨ですね(笑)

雨男の私は気になりませんけど、子供のテンションは↓↓↓のようで。

プールに連れて行けと言うので午後からプール行って来ます。


閑話休題

あたまのデ!

鉄筋挿入工やっていますよね。

施工で何よりも一番大事なことがあるんです。

削孔して、鉄筋入れてグラウト注入します。

ココで一番大切なことは、

頭部長

鉄筋の頭出し(あたまだし)量です!

全国的にもほぼ同じ長さを出してると思いますが、100㎜です。これが基本です。

例えば、グリーンパネル等の受圧板が入ったとしても受圧板から100㎜です。

鉄筋挿入工の頭出し

頭出しはあくまでも受圧構造物の表面からです。

地山自体に不陸があった場合に不陸の事を考えていないと頭出しが足らなくなることがあります。

鉄筋挿入工 不陸

こんな感じで100㎜は取れていますが受圧板や、プレートは取付られません。

これだと山を削るしかありません。

この様な時は、下記の様にして下さい。

鉄筋挿入工 受圧板

不陸の一番高いところに合わせてそこから100㎜取るようにして下さい。

浮いた部分には地山以上強度のある土砂か、モルタル、ソイルセメントなどで間詰めすれば問題ありません。

土嚢にソイルセメント入れてピンで張り付けても大丈夫です。

現場の形状でどうしてもその場所にしか打設出来ないって結構有ります。

そういう時は上記の様にして下さい。

そして、間詰めは必ず地山以上の強度のあるもので行って下さい。

 

この100㎜はネジを締める上で非常に大事になってくる、ネジしろってやつです。

これが少ないとネジの掛かる量が減ったり、振動などで外れやすくなったりするんです。

先日書いた、コーキングなどで外れないようにする事は大事ですが、

基本的な状態でも外れないことが大前提です。

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP