新エンタの法面管理塾

グラウンドアンカー工
パッカーの作り方(その5)

グラウンドアンカー工Posted 2018.01.29
パッカーを作る方法

皆さんこんにちは。

エンタです。

先日から休日出勤での水抜きボーリングは期日内に何とかなりそうです。

やはり寒波があっち行っても寒いモノは寒いですねw

圧力計

そして、水抜き工で使用するポンプはやはり脈動がないピストンポンプ系が良いですね。

プレッシャーゲージが壊れて0.4~0.6mpaで動くようになっていましたw

※2月初旬アンカー班ちょっと空きそうです!

うちを呼んでみませんか?w


閑話休題

パッカーの作り方講座(その5)

前回は先端でした。

今回は定着長部と自由長部の境目です。

この境目って実は結構難しいんです。

だいたい漏れるのはここからです。

実際は先端がしっかり締まっていれば、上部が多少漏れてても定着体としては大丈夫ですが、

加圧時に圧力ゲージが上がりきらないです。(上げすぎもダメですけど)

パッカーの断面

パッカー作成時の断面です。

例えば色つきの断面がPC鋼より線で、その横が注入ホースだとします。

注入用のホースと確認用のホースが2本あります。

パッカーをかぶせたらこんな感じで隙間ダラケになります。

それをスパンシールで埋めて漏れないようにするんです。

パッカーの断面にスパンシール

オレンジの部分がスパンシールになります。

意外にコレが難しいんですよ。

スパンシール取付状況

若い子に教えながらの作業ですw

この作業は地味で面倒ですが、大事な部分なので。

スパンシール取付状況

必ず1本の外周をスパンシールが回るように取り付けます。

スパンシール同士がくっつけば隙間が無くなります。

スパンシール取付状況3

最終的にこんな感じの団子状になります。

スパンシールがしっかり付くようにして下さい。

この後はついにパッカーをかぶせていきます。

 

それではまた。

パッカーの作り方(その1)

パッカーの作り方(その2)

パッカーの作り方(その3)

パッカーの作り方(その4)

パッカーの作り方番外編(その1)

パッカーの作り方番外編(その2)


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP