新エンタの法面管理塾

セメントなどを積む高さには決まりがある!

安全管理Posted 2018.01.05

皆さんこんにちは。

エンタです。

先日仕事始めで三重に行ったんですが、雪・・・・

大した事は無い程度の雪なんですけど、その後にジンワリと冷えてくるんですよね。

雪が降る日は比較的温かいのですが、先日はちょっと冷えました。

まぁ私は機械の回送だけで設置したら帰って、あいさつ回りだったんですけど。

この時期はホント人手不足に悩まされるのですが、ある時期になると少なくてよかった?って思いますw

もっと平準化を進めて欲しいですね。。。


閑話休題

 

セメントって何段積んでいますか?

と言うか何センチ以下なら安全上問題ありませんか?

って言われてパッと答えられる方はベテランですねw

セメントや段ボール箱、パレットのなど積まれた荷のかたまりのことを「はい」と呼びます。

崩れないように組み付けて積むことを「はい付け」と言います。

逆に崩さないように安全に荷を降ろすには「はいくずし」と言います。

高い「はい」を私たちのり面屋が目にすることはそれ程ありませんが、

植生基材の基盤材は組んで置いていきますよね?

アレが「はい付け」です。

で、この「はい」を組むには資格が必要なんです。

その必要がある高さは2.0m以上です。

2.0m以上積む場合「はい作業主任者」の設置と、

作業を行う方は安全衛生教育「はい作業従事者安全衛生教育」が義務付けられています。

私も調べて初めて知った内容だったのですが、イロイロと資格があるんですねw

安全は知らないことばかりで奥が深いです。

荷役運搬機械等によるはい作業従事者に対する安全教育について

逆に、2.0m以下の場合は誰が積んでも問題無いと言う事になります。

セメントや基盤材の高さは2.0m以下にして下さい。

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP