新エンタの法面管理塾

吸い出し防止材の設置

創意工夫Posted 2017.11.08
創意工夫

皆さんこんにちは。

エンタです。

この前の出来事ですが、会社にメロンが送ってきました。

何で??って思っていたら、中になんとメロンと請求書が・・・・

ゼッタイ見てる!

あのドラマ!・・・・ゼッタイ見てるよね??笑笑


閑話休題

 

コレって知ってますか?

枠内モルタルの水抜きパイプです。

ここの現場は枠内が全面モルタルだったのですが、部分的に土砂部がありました。

で、土砂部に関しては土砂の流出対策の創意工夫として、吸い出し防止材を設置しました。的な感じで提出。

昔は結構やっていましたけど、最近はメッキリ少なくなったんですがダムの現場では常識でしたね。

マットをいちいちこのサイズに切るのは結構面倒ですけど、個数が少なければたかが知れてます。

ダムの場合は湛水面が上下するのでその度に内部の土砂が排出されモルタル面内部が空洞化する恐れがあります。

その為吸い出し防止材を設置します。

通常のり面の施工においてはそれ程内部が飽和状態と不飽和状態が繰り返される事は無いので大丈夫ですけど、

あくまでも品質向上とライフサイクルコストの向上の為と!

昔は結構便利な製品があって、切った塩ビに簡単にはめるだけの吸い出し防止材とか有りました。

今は無いけどw

その時代、時代でイイものあって、淘汰されて、結局残る物はシンプルな物ですね。

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP