新エンタの法面管理塾

水抜きボーリング工
こんな時どーする?(その1)

水抜きボーリングPosted 2017.10.23

皆さんこんにちは。

エンタです。

台風ですね。

やっぱり今年は雨多いです。

私たちの仕事としてはアレですが、雨はやっぱり何だか節々が痛くないですか?

気象病とか天気痛って言うらしいです。

私はなんだか頭痛になりやすいですね。

と言っても私は超絶雨に愛されている雨男ですけどw


閑話休題

 

先日の水抜きボーリング工ですが、たまに困った事が起きるんです。

で、今回のこんな時どーする?です。

削孔中でもわかるのですが、もの凄い量の排水が有る場合です。

機械側からも削孔水を送りながら削孔するわけですが、明らかにそれ以上の排水がある。

この排水はアウターケーシングの外側から出てくるのでわかりやすいんです。

とてつもない量が出る場合があります。

そんな時に困った事が起きます。

それは、挿入するストレーナー管が押し戻される事が有ります。

アウターケーシング内にストレーナー管を挿入し、アウターケーシングを引き抜いて行きます。

その際にストレーナー管は中に置いてくる様にするのですが、水圧で下がってくるのです。

押しても押しても落ちてきます。

この様な時はどうしますか?

現場監督としてはどの様に対応しますか?

現場で考える大事な事は、どの様にすれば施工出来るのかを考える事です。

対策はまた次回です。

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP