新エンタの法面管理塾

鉄筋挿入工の割り付けの基本

その他Posted 2017.10.13

皆さんこんにちは。

エンタです。

東名集中工事で大渋滞。

交通量が多い東名、名神の主要高速道路はしょうが無いのですが、最近回避できるルートも結構有ります。

中央道へ逃げたり、湾岸道に逃げたりと。

通行時間は同じでも走っている方が渋滞しているよりマシな気がするので極力回避方向ですね。

そのうち自動運転で渋滞も無くなり、運転も無くなり、無い事がストレスになる??w


閑話休題

配置

鉄筋挿入工での配置の基本は正方形配置でした。

例えばピッチが1.5mであれば下記の様な感じです。

最近は、千鳥配置が基本的になってきました。

モルタル吹付面の場合はだいたいが、千鳥配置。

地山補強土工設計施工マニュアルにもしっかり書いてあるのですが、中抜け(部分崩壊)を防ぎたいんです。

現場で、一時的に急遽施工する場合は千鳥配置がオススメです。

詳しい、考え方は地山補強土工設計施工マニュアルのP80から載っています。

本当はこの辺を詳しく行っときたいんですが・・・・

また今度w

 

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP