新エンタの法面管理塾

新製品情報!次世代型スペーサー

その他Posted 2017.07.22

皆さんこんにちは。

エンタです。

新製品情報

小岩金網さんから製品出ました。

その名もPCスペーサー

ザックリ言うと、鉄製のスペーサーですね。

最近では、プラスチック製のスペーサーだとクラックが入るので嫌煙される方向です。

熱膨張係数が大きく違う為、クラックが入りやすくなるという事です。

コンクリートと鉄の場合、熱膨張係数がほぼ同じなので鉄筋コンクリート構造が成り立つための前提となります。

お互いに膨張したり、収縮してもクラックが入りにくい。

また、原発関係の現場では可燃物の使用は禁止されています。

そう言った理由から鉄製のスペーサー需要が増えてきています。

ライフサイクルコストも重視しているわけで、

クラックが入りにくいと長持ちすると言う事です。

ライフサイクルコストとは

PCスペーサーの特徴

俗に言うバネ鋼って材料を使用しています。

バネ鋼とは

私たちがアンカーテンドンで使用するようなPC鋼より線のようなモノです。

みじかなものであれば、車のスプリングやなどの材料ですね。

非常に硬く、ちょっとやそっとでは壊れません。

偏荷重が掛かってもバネですので元に戻ります。(折曲げはだめですw)

吹付けの材料ホースが上を通過しても外れる事なく、厚みを確保出来る様です。

コンクリートの膨張に対しても十分な硬度があり、バネ鋼なので伸縮すると言う事です。

結果、従来のプラスチック製スペーサーよりもクラックが入りにくいと言う事になります。

本来ならば

ここでカタログを載せるべきでしょう!

が、先日からパソコンの調子が悪くブログの更新が出来ないのですwww

写真編集なども出来ない…

トップの写真のみです。

スマホで文字だけを書いている状況ですw

後日カタログなどを載せますね。

パソコン治るまでお待ちください。

お楽しみにwww

 

それではまた。

PCスペーサーのお問合せ

小岩金網株式会社


“新製品情報!次世代型スペーサー” への2件のフィードバック

  1. norimen rope より:

    踏むと外れますよ。
    グリーンエースのスチールスペーサーの方が
    使い易かったです。
    上部の鉄線も一本なので 吹きやすいです。
    取り敢えず気休め程度に着色もしてあるので
    どこに取り付けたかわからなくなる事も少ないです。

    • enta より:

      いつもありがとうございます。

      貴重なご意見ありがとうございます。

      使用される方の意見は大事ですね。

      着色に関しては、管理者の考え方それぞれですね。
      分かりにくい方が良いと言う事です。
      元々設計に入っていないので個数を数えられたくないって事です。
      あくまでも、自主管理の一環で吹付け厚さの確保が大前提なのに、
      数を指摘されたくないって方もいます。
      私もその一人です。

      うちは色無しを使用しています。

      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

PAGE TOP