新エンタの法面管理塾

玉の数を増やす。

その他Posted 2017.07.11

皆さんこんにちは。

エンタです。

ここ最近ですが、

クリップスペーサーの特注依頼が増えています。

特注依頼のサイズは様々ですが

削孔径115㎜用 D19

削孔径115㎜用 D32

削孔径115㎜用 D22

削孔径115㎜用 D29

などが来ています。

それ以外のサイズも作れますのでご要望下さい。

実際の納期ですが、注文から2週間から最大で3週間です。

単価はどれも通常品と同じなので気になさらずにご注文下さい。

また、最低ロットは100個です。ご了承下さい。


 

閑話休題

 

現場に出ているわけです。(たった2日出ただけで威張りますw)

そりゃ普段出ないだけに、ハンマー1つで腕が筋肉痛ですよ!
(ウソですけどw)

しかし、現場に出るとイロイロな事が起きますね。

で、今日起こった事を。

地山の状況

こんな感じの地山です。

表層にうっすら土砂が乗っているのですが、中にはちょっと硬そうな風化した岩。

節理も結構有るので見た目はもろそう。

削孔径がφ65だと崩れて鉄筋が入るのか心配

削孔の結果

東海地方で俗に言うちんちんのがん(もの凄く硬い岩)

先端が20cm程度入った後はもの凄くフレッシュな硬岩で、1本に40分ほど・・・・

コレはマズい!このままだと今週で終わらない・・・・

アンカー工は大体最初の1本目に出鼻をくじかれて、2本目以降に山になれていき、中盤でその山をマスターします。

その辺から一気に施工が進みます。

なので、最初はイロイロと思考するんです。

思考の結果

とりあえず、会社に帰ってダウンザホールハンマーの段取りです。
(現場はそのまま進行中に私だけ段取り)

削孔で岩に強いハンマーは断然ダウンザホールハンマーです!

弊社はφ65~φ125までのラインナップを取りそろえていますw

最悪の場合、どの様な削孔方法でも出来る様に準備しておきます。

コレがダメならアレ、アレがダメならソレです。

目的は、穴を開けて鉄筋を入れる。

コレをいかに早く行うかって事なので、手段は多い程良いです。

それ以外には、硬岩用の超超超硬ビットも準備しました。

手持ちの玉は多い程よい。

困った時の玉をいくつか持っておけば、スグに対応出来ます。

イロイロ試して、実験した結果が無いのであれば仕方ないと思えますが、最初から無いのはナンセンスです。

常に考えて常に試す。

コレが職人としての価値を上げるような気がします。

私はこんな職人と仕事したいですね~w

利益の一部を実験に費やすと未来に良い事が有るとか無いとかw

 

それではまた。


コメントを残す

PAGE TOP