新エンタの法面管理塾

コワイ職人とコワイ監督

その他Posted 2017.06.19

皆さんこんにちは。

エンタです。

先日、ある方と話していて、一番コワイ職人の話をしていました。

と言う事で、今回は職人と監督の話の中で職人編です。

職人の評価

監督の仕事と言えば、当然ですが、現場管理です。

が、それ以外にも沢山有る中で、大事なことは職人の評価です。

当然ですが、監督も人間です。

合わない職人、合う職人がいます。

私もそうです。

一緒に仕事が出来ない職人は呼びません。なぜなら施工方法や考え方が噛み合いません。

最悪の場合事故につながる可能性も出てきます。

イロイロな職人がいますが、やはり信頼して全てを任せられる職人に当たった時は最高に仕事がはかどります。

現場も楽しいです。

コレが反対だった場合の現場の辛さはないですよね~w

コワイ職人

その中でも、一番コワイ職人が存在します。

何がコワイかというと、

出来ない事をできないと認識していない職人です。

なんでもかんでも、出来ないのに「やっとくわ!」って言うんです。

そして、見に行ったら全く違う方法で全く違う事をやっているんです。。。。。

これは何ともならないんです。

出来ない事は出来ない、どうやればイイか聞くなりの対処が出来ない職人はとにかくキケンです。

ルールを守らない、守れない、は論外で分かりやすいのですが、

上記の様な職人はある程度の経験もありある程度出来るのです。

だから、普段は分かりにくいんです。

対処法

イロイロな正確の職人がいます。

会社側は結構無責任に、そんなの教えて、育てろって言う方もいますよね?w

おいおい、新工法ならまだしも、請負でしょ?ってなりますよねw

それを育てるってwww

って思っていましたが、やはり教育は必要ですw

って最近思います。

監督が教えるしか無いんですよね。

自分に合った職人を作り上げる管理者は最強です!

それが、俗に言うチームと言うヤツでしょう。

いがみ合っていてもしょうがないので、チームを作る努力を。

それではまた。


“コワイ職人とコワイ監督” への2件のフィードバック

  1. ゆめおやじ より:

    ”言うは易く行うは難し”ですね(~_~;)

    教えることの難しさを痛感してます。

    思いを言葉にしようと思っても
    表現出来ない自分がいます。
    これも壁なんでしょうか。

    • enta より:

      やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
      ほめてやらねば、人は動かじ。
      話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
      やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

      by山本五十六

      私自身も全然ですね。
      なかなか越える壁は高いのでしょうが、超えたときの簡単さは何とも言えないモノがあるんでしょうね。
      教育ってホントに難しいです。

コメントを残す

PAGE TOP