新エンタの法面管理塾

時代の変わり目

その他Posted 2017.05.02

皆さんこんにちは。

エンタです。

 

最近思うんですが、もうスマホの進化って終わってませんか?

ここ3年位前からソフトウェアのバージョンは変わって行ってますが、

ハードの進化は差ほど変わっていませんよね?

これ見ると一目瞭然です。

android携帯も同じですよ。

で、スマホで何してますか?

電話機能、メール機能、SNS、ネットサーフィン、調べ物、計算機

くらいですよね?

今後はどうなるんでしょうか。人体埋込式?

まぁ次の時代はOSの概念とかは1つに集約されて、全てweb上(クラウド)で成り立っていく様に思います。

10年ほど前ですが、知り合いのシステム屋にWindowsをweb上で100人くらいで動かせないかな~って

話しをしていた時期がありました。OSなんてもう要らない時代ですよ。

そんな時期はもうすぐ来ます。

 

我々、法面屋などの建設業者はどうでしょうか。

まず、測量はドローンと自動光波(トラバー)が活躍します。

この辺は確実ですね。

出来形管理もドローンで3Dスキャナーで法枠などをスキャンして、

法枠全部の出来形が取れる様になります。

現状で約10cm以下の精度ですのでこの5年程度で飛躍的精度が上がるでしょう。

そのデータをドローンからスマホに飛ばし、クラウド電子納品に飛ばします。

電子納品ソフトは全て完全クラウドになります。

全国どの業者も同じクラウドシステムを使用すればその分コストも下がりますから、

今後はその様なシステム業者が出てきます。

この辺は時間の問題ですね。

そして、今の我々が出来る事は、ドローンに慣れる事と3Dに慣れる事です。

出来ればドローンを導入し今の段階で撮影出来る様になる事、測量のコツを知っておく事が要求されます。

必ず当たり前の時代が来ます。

私も出来れば導入して、ドンドンやっていきたいのですが、中小企業の弱い所ですね。(金銭的に)

なので私は足がかりに3DCADの導入を行いました。3DCADは巧みに使用出来ますよ?w

今後、30年、40年で無くなる職業と共に新たな職業が、
我々がまだ想像出来ない職業がかなり出てきます。

 

例えば、1級土木ドローン管理技士とかw、3DCAD技士とかww

もしも、ドローンがあるなら今から活用すれば将来につながる事は間違いないでしょうね。

 

ちなみに、今、ドローンスクール予約一杯の様です。

ドローンスクールジャパン

まさに新しい職種の1つですよ。

 

それではまた。


コメントを残す

PAGE TOP