新エンタの法面管理塾

対処シリーズ(その4)エクセルがお飛びになられた!

その他Posted 2017.04.21

皆さんこんにちは。

エンタです。

 

知り合いの社長から電話がありました。

忙しいくて人手不足は東京だけやな!?

www

実際そうですね。東海地方もなんだかんだと言って公共事業皆無ですよ?

役所は出してるつもりでしょうけど、元請け、下請け悲鳴ですよ。この悲鳴はお国には届かないんでしょうね。

特に私たちの様な末端下請けなんて悲鳴の声も枯れてきてますわwww

まぁ雑草の様にジワジワ生きてますw


閑話休題

 

エクセルデータが消えた時って有りますよね?

その時のバックアップって実は残っているんですよ。

この辺は結構普通の事なんですが、知らない方も結構います。

古いエクセルも差ほど変わりませんので、参考までに。

 

データ作成前に大事なこと!

新規でデータを作る時は必ず先に名前を付けて保存して下さい。

そして、エクセルのどこかに必ずある、オプションボタンを押して下さい。

その中に、保存という項目があります。

そこに「次の間隔で自動回復用データを保存する:○○分ごと」○○分を、

しょぼいパソコンで、しょっちゅう飛ぶ方は3分とかにすれば3分前に戻れます。

ハイスペックパソコンで有れば、お好きにどうぞw

私は、飛ぶことが嫌なのと、打ち直すのが嫌なので5分ですね。

ちなみに、飛んだ場合そのオプションの中の保存の中に、「自動回復用ファイルの場所」と言うのがあります

その中フォルダのにバックアップされたデータがあるので、そのファイルをコピーして、

デスクトップなどに貼り付け、名前を変えて使用して下さい。

 

今の時代、データは命です。飛ぶと時間のロスもそうですが、まず心がやられますよね!?

そうならない様に常にバックアップを考えましょう!

 

それではまた。

 

対処シリーズ(その1)

対処シリーズ(その2)モーターの異音

対処シリーズ(その3)アンカーが抜けた場合


コメントを残す

PAGE TOP