植生基材吹付工

法面工唯一の瑕疵担保

更新日:

皆さんこんにちは。

エンタです。

 

今、秋田に来ています。

やっぱりサブイですw

しかし、緑化の時期ですね。

なぜこの時期に緑化をするのか?

まぁ普通に考えれば簡単な事なんですけど、

逆になぜ緑化が失敗するのか?

 

緑化が失敗した場合に考えられる事

  1. 霜で種が死んだ
  2. 1m2辺りの植生本数が多すぎて肥料切れで枯れる。
  3. 水分の保水性が悪い
  4. 肥料が多すぎて肥料枯れした。
  5. 獣害に食べられた。荒らされた。
  6. そもそも選出した種子がその地域に合わない。
  7. 暑さで熱枯れした。
  8. 土壌が汚染されている。
  9. ph値が極端に左右に高い。(酸性・アルカリ性)
  10. 水分が多すぎる土壌。(根腐れ)
  11. 土壌硬度が高すぎる。

と、考えられます。実際、種を入れてなかった、とかもあるんですがwww

いろいろな特殊条件などで生えない理由がある場合も、

春、秋と季節が安定している時期に施工すると案外上手く行くんです。

やはり生き物なので人間と同じく条件が良ければスクスクと育ってくれますw

緑化って簡単に言いますが、ホント難しいですよね。

しかも、瑕疵担保責任が2年もありますから。

 

それではまた。

 


-植生基材吹付工
-, ,

Copyright© 新エンタの法面管理塾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.