新エンタの法面管理塾

表面張力と毛細管現象

ロックボルト工Posted 2017.02.27

皆さんこんにちは

エンタです。

今週で2月も終わりですね。

昨年同様、あ!と言うまに3月ですね。

2,016年度の終わりです。

気を引き締めてとにかく安全に仕事を終わらせましょう!


閑話休題

毛細管現象ってご存じですか?

毛細管現象wiki

って事です。

こちらの動画が非常に分かりやすいです。

この現象が法面ではよく現れます。

ロックボルトやアンカー工の削孔後に

グラウトを注入しているにもかかわらず、水が出てきます。

原因は毛細管現象です。

毛細管現象_アンカー工

この写真のPC鋼線が出ている下から水ホースがあります。

コレは、打設完了後にも止めどなく水が出ているので

ホー受けスでています。

コレは、注入後のグラウトと地山の密着している部分を

湧水がグラウト表面の表面張力と

毛細管現象によって上がってきます。(吸われます。)

表面張力と毛細管現象

よくコレを止めろと言われるのですが、

止められません。

止めるよりは出していた方が山的には

不飽和状態を保てるので安全です。

量が凄いようなら、ホースをつないで、

排水処理を行った方が見た目が良いです。

それではまた。


 ボルトスケール・クリップスペーサー・緑化スペーサーのお問い合わせ、販売店は下記となります。

自然応用科学株式会社
(法面事業部)

小岩金網株式会社
(全国各営業所にお問い合わせ)

株式会社ショーワ
(鹿児島県)

藤原産業株式会社
(大阪 ボルトスケールのみ)


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP