新エンタの法面管理塾

デキる監督とデキる職人

その他Posted 2017.02.17

皆さんこんにちは。

エンタです。

先日、ある方と話しをしていた時に「あの子はデキるからね~」

って話になりました。

デキる人とデキない人って何でしょうかね?

 

その場の対応力?

知識?

行動力?

コミュニケーション?

経験?

 

などなど有るんでしょうが、結局は責任かな~って私は思います。

だいたいのデキる監督は責任感が違いますね。

俺らサラリーマンだからと言っておちゃらけてても、仕事はバッチリこなしてますよ。

現場でスパーンっと決定してくれますし、経験則からその後の動きを読み取って先に動いてます。

「会社に怒られたわ!」って言ってますwww

そんな監督の下ではまた仕事を一緒にやりたいって思うのもデキる職人でしょう。

監督と職人の相性の良い現場は楽しいです。

仕事は当然キツイし大変なのは当たり前ですが、とにかく楽しい!

 

相性が悪いと、「あぁーーアイツうるせーからなー」ってお互いが思います。

どこの会社でもそうですが、デキる監督(社員)にはデキる施工会社がセットですよ。

その方が、施工能率も利益も安全も最大限に発揮出来ます。

 

お互いに高まっていくような
施工、施工管理がデキる関係になる努力をして行きたいですね。

 

それではまた。

P.S:社会保険のXデイはそろそろ来ますが、九州地方の国交省では過激な発言が出ているようです。
公では言えませんw東海地方では何だか人手不足を懸念してか当りが柔らかなようですね。
おそらくH29年4月から社会保険問題でグッと人手不足になるのか、曖昧な感じになってしまうのか、
決まると思います。関東で人手不足になった場合とんでもない事になる可能性がありますね。
また、こちらで紹介出来る範囲で公開します。


ボルトスケール・クリップスペーサー・緑化スペーサーのお問い合わせ、販売店は下記となります。

自然応用科学株式会社
(法面事業部)

小岩金網株式会社
(全国各営業所にお問い合わせ)

株式会社ショーワ
(鹿児島県)

藤原産業株式会社
(大阪 ボルトスケールのみ)


コメントを残す

PAGE TOP