新エンタの法面管理塾

法枠材料の算出(その3)

法面工全般Posted 2017.02.09

皆さんこんにちは。

エンタです。

 

先日までに、法枠は縦梁やりました。

法枠材料の算出(その1) ラス金網編

法枠材料の算出(その2) 法枠縦梁編

横 枠 鉄 筋

今回は横梁なんですが、前回同様なんですw

前回、横梁が12mです。

12m÷5m(使用鉄筋長)=2本あまり2m

鉄筋の重ねは2箇所になります。

5m+5m+2m=12m

鉄筋の重ね1箇所当たり0.52mなので

0.52m×2箇所=1.04m

鉄筋5m×2本+2m+1.04m=13.04m

法枠300は上下で4本の鉄筋を使用しますので、

13.04m×4本=52.16m/1梁当り

法長÷法枠ピッチ=スパン

18m÷2m=9スパン

9スパン+1=10梁(交点数も同じ)

10梁×52.16m=521.6m

 

521.6m×0.995kg/m(D13鉄筋単位体積重量)=519kg

 

旋回の縦梁+横梁鉄筋=545kg+519kg=1,064kg

本数で出すなら、1,064÷5m=213本

 

ベテランなら法面の起伏に応じて、

大体のロス率を掛けて搬入しても問題ないかと思われますが、

私は取りあえずこの数量で発注します。

法枠はロスの事思うと2回発注の方が良いと思っています。

 

それではまた。


“法枠材料の算出(その3)” への2件のフィードバック

  1. クッキー より:

    早速、計算式作りました。

    • enta より:

      お疲れ様です。

      Excelで作る時次回から楽ですが、方法を忘れてしまうので、気をつけて下さい。

コメントを残す

PAGE TOP