新エンタの法面管理塾

法枠材料の算出(その1)

施工管理Posted 2017.02.06

皆さんこんにちは。

エンタです。

先日から久々の雨が降ってます。

山は雪でしょうか?

この時期の雨ってホント辛いです。

特に体が冷えるのでズボンの下にはステテコを!

最近のステテコはメッチャオシャレなんです!

昔、私はこのオシャレステテコを普通の短パンだと思い、

オシャレステテコ状態で

名古屋の繁華街に呑み行ったことが数回あります!


閑話休題

 

法枠の材料算出の計算方法を以前から出そうと思っていたのですが、

なかなか手つかずで・・・・

どんな感じで出せば良いのかと思いながら取りあえず少しずつ書いていく事とします。

私の場合はエクセルで作ってしまっているので、面積、延長を入れれば大体算出出来ます。

しかし、それを出してしまうとなんだかアレなので取りあえず方法を。

 

ラス張り工

設計

ラス金網(♯14×50×50):100m2当り140m2

主アンカー(φ16×400mm):100m2当り30本

補助アンカー(φ9×200mm):100m2当り150本

上記を基本として算出します。

例えば、実際の法面は600m2だとします。

起伏もある程度あるとします。

計算としては比率で算出すれば良いのですが、

簡単な方法として、

ラス金網:600m2×1.4m2=840m2

主アンカー:600m2×0.3本=180本

補助アンカー:600m2×1.5本=900本

となります。

1㎡当りに直してかけ算しただけです。

ここからある程度の起伏に対応する為にロス率を掛けてあげます。

例えば2割増しで材料を算出するのであれば、1.2を掛けて下さい。

それが現場での発注数量となります。

ただし、箱売りの場合、主アンカー30本/箱の場合は6箱

補助アンカー200本/箱の場合は900本÷200本/箱=4.5箱=5箱 となります。

実際、2回入れてもイイですが、現場が小さいと運賃のロスが出るので1回で入れる方が良いですね。


上記をエクセルで自動計算させてみます。

 

A1セルに「600」と入れます。

D3セルに「=$A$1*B3*C3」
(下方向にコピーしても数量の所A1は絶対参照$なので動きません)

F3セルに「=ROUNDUP(D3/E3,0)」
(小数点を切り上げれば端数が出ません)

と入れると、次回から自動で入力されます。

ロスは自分の判断で入力です。


次回は法枠の鉄筋やりますw

 

それではまた。


ボルトスケール・クリップスペーサー・緑化スペーサーのお問い合わせ、販売店は下記となります。

自然応用科学株式会社
(法面事業部)

小岩金網株式会社
(全国各営業所にお問い合わせ)

株式会社ショーワ
(鹿児島県)


コメントを残す

PAGE TOP