新エンタの法面管理塾

緑化の基本(その4)

施工管理Posted 2017.02.05

皆さんこんにちは。

エンタです。

緑化のこと書いてて放置したら何を書くのか忘れてましたw

で、なんだか変な感じの緑化シリーズですが、その辺は流して下さい・・・

やっぱり続けて書いていく方がイイですね・・・・

 

緑化の基本(その1)

緑化の基本(その2)

緑化の基本(その3)


閑話休題

植生工に欠かせないのが、水です。

まぁ法面に目が出るまで水を散水する訳にはいきませんので、

そこは自然任せなのですが。

厚みの検討をする上で非常に大事な事になってきます。

 

施工地域の降水量を調べます。

気象庁 各種データ・資料

と言うページから、過去10年程度の気象データを拾います。

エクセルにコピペで張り付けて若干編集すればイイ感じに出来ます。

私の場合はこんな感じで出しています。

このデータを使って、厚さの検討を行う訳です。

農業土木事業協会:自然環境を再生する緑の設計     p108

 

上記データだと年間約3000mm有りますので厚さの目安として、3~5cmと言う事になります。

 

それではまた。


ボルトスケール・クリップスペーサー・緑化スペーサーのお問い合わせ、販売店は下記となります。

自然応用科学株式会社
(法面事業部)

小岩金網株式会社
(全国各営業所にお問い合わせ)

株式会社ショーワ
(鹿児島県)


コメントを残す

PAGE TOP