新エンタの法面管理塾

法面直角

施工管理Posted 2017.02.01

皆さんこんにちは。

エンタです。

 

先日、竣工検査があったんです。

まぁ現場は普通に法長確認、法枠の確認、外観などでした。

その辺は普通です。

植生工の生えも良かったです。

もちろん試験的に創意工夫で緑化スペーサを入れた現場です。

緑化スペーサー

 

で、書類検査です。

法面直角に対する設計角度がおかしいと!

 

設計角度は、法面直角なんでが、

法面直角を出す場合、法面の角度を測定します。

例えば、ロックボルトを施工する法枠面が56°だった場合、

90°マイナス56°=34°

設計角度は34°になります。

コレを施工中に設計値を算出(測定)して削孔後に実測を測定します。

その後、その設計値を基準に実測値との差を求める施工管理を行いました。

検査官が仰るのは設計には明確な数字が無いので、設計値を前もって役所に提出するべきではないか?

それの承認を得て施工するべき。

と言う事でした。

法枠施工後、全ての角度を先に測れってか?www

検査官の管理基準の統一のなさ、検査官の考え方の不一致、なんとかして欲しい所です。

 

それではまた。

 

ボルトスケール・クリップスペーサー・緑化スペーサーのお問い合わせ、販売店は下記となります。

自然応用科学株式会社
(法面事業部)

小岩金網株式会社
(全国各営業所にお問い合わせ)

株式会社ショーワ
(鹿児島県)


コメントを残す

PAGE TOP