新エンタの法面管理塾

常にメンテナンス

その他Posted 2016.12.24

皆さんこんにちは。

エンタです。

 

年末が近づくと同時に忙しさ、焦りも多くなっています。

十分気をつけて仕事して下さい。


閑話休題

 

先日、大型機のロータリーパーカッションが帰って来ました。

ハンマー部分を揺するとガタツキが酷いんです。

で、カムフォロアを確認してみたところ回らない、ガタツキ、軽さがありました。

 

ハンマー部分を4箇所の車輪(カムフォロア)で支えています。

横にぶれる時も、前後に移動しながら削孔する時にも回ります。

1箇所につき3個の車輪(カムフォロア)が使用されています。

全部で12個の車輪があります。

 

削孔時ケーシングをつなぐ時に位置が合わない時があります。

ケーシングを上げなければつなげない時です。

原因は、この車輪(カムフォロア)がへたっているんです。

ガタが有ったりするとレールを痛めてしまいます。

そんな時はこのカムフォロアを確認してみて下さい。

触ってみると簡単にクルクル回ったり、異常に軽かったりします。

コレは壊れている証拠です。

このカムフロアは中に棒状のベアリングが入っていて、

回してみると、クルクルと回りません。重く回ります。

カムフォロアは衝撃荷重(しょうげきかじゅう)や荷荷重(にかじゅう)の

掛かるところに使用し、肉厚で剛性の高いベアリングです。

その為、軽い造りではないんです。

カムフォロアが軽かったり簡単に回ったり、

回らなかっり、ガタがあった場合は壊れています。

即交換して下さい。

新品のカムフォロアです。

使えるカムフォロアは交換する必要はありません。

なぜなら、このカムフォロア、クソ高いんです!w

日本製メーカー純正で5,000円前後/1個です。(機種によって違う)

12個いっぺんに変えてしまうと・・・・w

弊社では海外製を使用していますけどw(安いので)

うちでは、予備を準備していますので、

悪くなったらすぐ交換出来る様にしています。

 

しかし、レールを変えるとなると、とんでもなくお金掛かりますので

気をつけたいですね。

 

それではまた。


コメントを残す

PAGE TOP