新エンタの法面管理塾

リフレクター

安全管理Posted 2016.12.08

皆さんこんにちは。

エンタです。

 

夜の早さが増してます。

17時にはすでに真っ暗ですね。

そして、何よりも寒いです。

さすが12月ですね。

皆さん忙しいと思いますが、

安全を意識して下さい。

この時期だから絶対に無理な事はせず、

いつも通りに施工して下さい。


閑話休題

 

皆さん、リフレクターって知ってますか?

私たち工事関係者は常に目にするモノです。

 

リフレクター (Reflector)

光や音などの波を反射 (Reflection) させる装置のこと。

反射器反射板とも呼ばれる。

 

です。

光の反射でピカって光るアレです。

車に付いていたり、ガードレール、工事看板、その他一杯

付いていますよね。

コレって、他者に認識される事を目的としています。

 

最近のネクスコの工事は作業員全員が蛍光作業服を着ています。

何が大事かというと、

機械運転者やその他の人に認識される事です。

認識される事で事故率がグンっと下がります。

事故は必ず見えにくいところで起きますので、

誰がどこに居るって事を、

自己アピールする必要があると言う事です。

自己アピール出来る事として、

声かけ、合図、笛、見張り人って対策が出来るのですが、

一番は声かけです。取りあえず声に出す。

コレは非常に有効です。

そして、感を頼りにしない事です。

必ず目視して施工を行う事です。

 

年末です。ホント忙しいです。

みんな、早く帰りたいし、早く休みたい。

だからこそ安全を意識して下さい。

年末もご安全に!

 

それではまた。


コメントを残す

PAGE TOP