パッカー試験

セメントミルク加圧テスト その1

皆さんこんにちは。

エンタです。

アメブロからの転載記事です。

グラウト注入で加圧するとグラウトが濃縮されて

強度が上がるとか言われています。

私は変わらないと思っていますw

濃縮で強度が上がる??

そして加圧後に圧を維持する訳でもありません。

昔の記事で書きましたが、

すでに水よりも重いグラウトが孔内に入っており、

定着部にはかなりの圧力が掛かっています。

しかしながら、その実験結果がないので実験してみました。

その日のフロー値、供試体は作成していますので

それを基準にしてみます。

試験体は少ないのですが、明らかな差が出れば興味深いです。

加圧テスト1

1mの試験体を作ります。
フリクションパッカー(守谷鋼機)φ115用

加圧テスト2

加圧・無加圧を作ります。
通常のテストピースもありますが、取りあえず同じ条件で。

加圧テスト3

注入完了です。

最大加圧力は0.2Mpaで0.2Mpa保持して硬化させます。

加圧テスト4

加圧あり 直径:150mm

加圧テスト5

加圧無し 直径:110mm

と言う事でまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください