新エンタの法面管理塾

法枠でのボルトスケールの使い方

ロックボルト工Posted 2016.11.11
配置誤差測定器

皆さんこんにちは。

エンタです。

アメブロからの転載記事です。


閑話休題

ボルトスケールを販売しまして約半年経過しました。

認知度が低い為まだそれ程普及していません。

使い方も様々ですが、取りあえず基本的な使い方 法枠編です。

ボルトスケール

法枠の場合、法枠の交点の真ん中が芯になります。

芯がゼロなので

1,スケールプレート(四角の枠)を法枠の中心に来る様にセットします。

2,矢印プレートをX軸・Y軸に直角に合わせます。

この状態でX軸・Y軸を読んで下さい。
ちなみに、スケールプレートのサイズは縦横20cmです。
(目盛りが真ん中を基準に左右に10cm)

コレだけです。

ボルトスケールの情報

鉄筋挿入工(ロックボルト工)の打設位置出し、打設位置決めのやり方、管理方法

それではまた。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP